This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.



富士フイルムの計測フィルムソリューション— 圧力・熱・紫外線をフィルムで簡単計測 —

活用事例

液晶ディスプレイ:ACF圧着/サーモスケール200C

液晶パネル上へのドライバICの接合にはACF(異方性導電膜)をはさみ、ボンディングツールに熱をかけながら部品を加圧する装置が用いられています。但し、ボンディング面にかかる熱が不均一になったり、熱が所定の値よりも少ない、もしくは多くなるとACFの接合不良となり製品故障となります。サーモスケールを用いることで加わった熱が均一、もしくは適性かどうかを簡便に確認することができます。

測定結果

  • 良い例:熱が均一にかかっている。
  • 悪い例:右方にかかる熱が大きい傾向が分かる。

包装:ヒートシール/サーモスケール200C

食品、医療またはLiイオン電池などの包装エンドシールはヒータブロックに熱をかけながら製品終端を加熱するヒートシール装置が用いられています。但しヒートシール面にかかる熱やヒーターブロック面の昇温状態が面内で不均一になったり、製品が受ける熱の量が少なかったりするとヒートシール不良が発生します。サーモスケールを用いれば、実際に製品にかかる熱を簡便に測定することができます。

測定結果

  • 良い例:熱が均一にかかっている。
  • 悪い例:右方にかかる熱が小さくなっている傾向が分かる。

コピー機:熱定着/サーモスケール100

一般的なオフィス用レーザーコピー機(複合機)では、加熱させた定着ローラーが熱でトナーを溶かし、紙に定着させることで文字や画像などを描画します。しかし、熱ムラやローラー表面にキズがあると正しくコピーできません。サーモスケールを使えば、従来測定できなかった熱ムラやわずかなキズも判定できます。

測定結果

  • 良い例:黒色が濃い程熱量が多く、薄い部分は少ない。
  • 悪い例:キズ等で熱が十分伝わらない部分は色が薄い。

スマートフォン・タブレットでの
活用事例カタログ

LCD、タッチパネル製造、スマートフォン組立て工程で、幅広く様々な用途でプレスケール・サーモスケール・UVスケールが活用されています。 下記より資料をダウンロードしてご覧ください。

  • スマートフォン・タブレットでの活用事例カタログ
  • スマートフォン・タブレットでの活用事例カタログ

資料ダウンロード・サンプル製品郵送サービス

詳しい資料をPDFダウンロードにて提供しております。また、実際にサーモスケールを試してみたい方にはサンプル製品を郵送にてお送りいたします。以下のフォームに必要情報を入力のうえ「ダウンロードする」または「サンプルを請求する」ボタンをクリックしてください。

資料ダウンロードを希望の方

入力必須項目

サンプル製品をご希望の方

入力必須項目

個人情報のお取り扱いについて
本フォームにご入力いただいたお客さまのお名前・電話番号・E-mailアドレスなどの個人情報は、お客さまのお問い合わせに対する回答および、製品・サービスに関する情報提供のために利用いたします。お問い合わせいただいた内容により、当社製品・サービスを提供する当社グループ会社にて対応することが適当と判断した場合、お客さまの個人情報を当社グループ会社に開示することがありますので、あらかじめご了承ください。

pagetop