This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.



富士フイルムの計測フィルムソリューション— 圧力・熱・紫外線をフィルムで簡単計測 —

紫外線光量分布測定フィルムUVスケール

フィルムの発色濃度によって紫外線の光量分布を簡単に可視化。

紫外線に感応し、その光量に応じて色の濃さが変化するフィルム。
紫外線光量分布を簡単に可視化します。
ロールタイプとシートタイプがあり、積算光量に応じて3種類をラインアップ。

紫外線光量分布測定フィルム UVスケール

種類 分類 厚さ 製品サイズ
ロールタイプ(幅×長さ) シートタイプ(縦×横)
UVスケール L モノシートタイプ 0.1mm 270mm×5m 270mm×200mm(5枚)
UVスケール M ツーシートタイプ 0.1mm×2
UVスケール H ツーシートタイプ 0.1mm×2
種類 適用ランプ種 測定光量範囲※1(mJ/c㎡)
UVスケール L

高圧水銀ランプ

4-200

メタルハライドランプ

6-200

低圧水銀ランプ

20-3000

UV-LEDランプ(365nm)

200-6000

UVスケール M

高圧水銀ランプ

50-2000

メタルハライドランプ

30-1000

UV-LEDランプ(365nm)

300-7000

UVスケール H

高圧水銀ランプ

800-40000

メタルハライドランプ

700-20000

UV-LEDランプ(365nm)

5000-100000

※1:FUD-7010J利用時の測定範囲となります。目視確認での光量範囲は標準色見本における発色濃度(0.30~0.75)となります。
※対応波長:200nm-420nm ※UV光量値の絶対値を保証するものではありません。

UV光量分布解析システムFUD-7010J

解析システムによる数値化管理

専用解析ソフトと適用スキャナーの組み合わせにより、UVスケールの発色を読み取ることでUV積算光量値への数値化、UV光量分布の解析や保存を可能にするシステムです。
発色濃度の分解精度をアップでき、目視判断できない箇所の解析が可能です。また、社内検査基準の設定、解析結果の共有化、デジタルデータとして保存により過去のデータとの比較ができる、など数値化管理による様々なメリットがあります。

UV光量分布解析システム FUD-7010J

製品名・型式 紫外線光量分布解析システム FUD-7010J ver.1.3
製品構成 専用ソフト(CD-ROM)、専用カバー、キャリブレーションシート
主な機能 UVスケール画像解析(積算光量測定、光量分布表示/データ保存、CSVデータ出力)
適用UVスケール UVスケール L、UVスケール M、UVスケール H
適用UVランプ種 高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ、低圧水銀ランプ、UV-LED(365nm)
適用スキャナ エプソン製 A4スキャナー GT-F740/GT-X830
読み取り解像度 0.125mm(200dpi), 0.032mm(800dpi)
推奨環境 Windows 7/8/8.1/10(32/64bit)、CPU 2GHz以上、メモリ2GB以上、HDD2GB以上の空容量、
1024x768 6万色以上のディスプレイ

より詳しい情報はこちら

FUD-7010Jに関するより詳しい機能、使用方法、保守・修理サービスなどは「製品ページ」をご確認ください。体験版のダウンロードや最新バージョンへのアップデートもご利用いただけます。

資料ダウンロード・サンプル製品郵送サービス

詳しい資料をPDFダウンロードにて提供しております。また、実際にUVスケールを試してみたい方にはサンプル製品を郵送にてお送りいたします。以下のフォームに必要情報を入力のうえ「ダウンロードする」または「サンプルを請求する」ボタンをクリックしてください。

資料ダウンロードを希望の方

入力必須項目

サンプル製品をご希望の方

入力必須項目

個人情報のお取り扱いについて
本フォームにご入力いただいたお客さまのお名前・電話番号・E-mailアドレスなどの個人情報は、お客さまのお問い合わせに対する回答および、製品・サービスに関する情報提供のために利用いたします。お問い合わせいただいた内容により、当社製品・サービスを提供する当社グループ会社にて対応することが適当と判断した場合、お客さまの個人情報を当社グループ会社に開示することがありますので、あらかじめご了承ください。

pagetop