富士フイルムビジネスイノベーション

Mac OS X用ダイレクトファクスドライバー Ver.1.2 注意事項

注意事項

インストールについて

別途「Mac OS X用ダイレクトファクスドライバー操作ガイド」をご参照ください。

Mac OS X v10.7 Lion、OS X v10.8 Mountain Lionの注意制限事項

印刷時の注意・制限事項

  • 一部のアプリケーション(プレビュー、テキストエディットなど)から印刷した場合、[認証情報の入力]ダイアログで入力したUser ID、パスワードは保存されません。
  • 「認証情報」パネルにおいて、「認証管理モード」は「ユーザー」のみ使用可能です。
  • 「認証情報」パネルの設定は、プリント後は保存されません。
    それらの設定を保存したい場合は、「プリセット」をご使用ください。

InDesign® / Illustrator® / Adobe® Acrobat®の部数指定した場合の不具合情報

InDesign® / Illustrator® / Adobe® Acrobat®等のアプリケーションの設定において、コピー(部数)を複数、丁合いをチェックすると、複数部数が送信されます。

回避方法

ファクス送信を1部にするには、アプリケーションにおいて、部数を1部にするか、丁合いのチェックをはずしてください。

表紙機能を指定した場合の不具合情報

プリントダイアログにある表紙機能は使用できません。この機能を設定しても表紙は送信されず、本文のみ送信されます。
下図のように、表紙を指定した後に他の設定を表示した後、”プリント”ボタンを押下すると、警告ダイアログが表示されます。ただし、表紙を指定した後の直後に、”プリント”ボタンを押下してもこの警告は表示されません。

表紙指定後に表示される警告表示

Microsoft® Wordの印刷ダイアログの「ページ設定...」を押下した場合の不具合情報

Microsoft® Wordの印刷ダイアログ(下図)の”ページ設定”を押下すると、下図に示すダイアログが表示され、ファクス送信ダイアログで設定をして、その後のダイアログで全て”OK”にした後、Microsoft® Wordのページ設定ダイアログが表示されます。尚、ここでのファクス送信ダイアログでの設定にてジョブは送信されません。

Wordの印刷ダイアログ

警告表示

ファクス送信ダイアログ

「名前に"aaa"、宛先番号に"111"を入力した場合」

Microsoft® Wordのページ設定ダイアログ

ご利用の際の注意

ご使用になる前にreadme.txtファイルをお読みください。

他社の商標について