富士フイルムビジネスイノベーション

BT2DH

本サービスに登録されているソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)をダウンロードする前に、「注意事項」および「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウェアをダウンロードして使用することができます。

概要

BT2DHコンバーターは、対象機種からログを収集し、ApeosWare Accounting Service / ApeosWare Log Management で使用する形式に変換して保存するためのソフトウェアです。

  1. ApeosWare Accounting Service 形式を使用できるのは次の機種です。
    DocuWide 5070、DocuWide 3030、DocuWide 6055、DocuWide 2055
  2. ApeosWare Log Management 形式を使用できるのは次の機種です。
    DocuWide 6055、DocuWide 2055、DocuWide 9095α、DocuWide 3035
    (プリンターコントローラーのバージョンアップが必要な場合があります。)
  3. 指定した形式により収集できるログが異なります。
    ApeosWare Accounting Service 形式:プリントログ
    ApeosWare Log Management 形式:プリント、コピー、スキャンログ
  4. Windows 10, Windows Server 2016, Windows Server 2019にインストールする場合は、必ず「注意事項」に記載の手順に従ってください。

ダウンロード

ファイル名 fxbt2dh20014nw63cfja.exe
ファイル形式 自己解凍形式(EXE形式)
ファイルサイズ 16,763,544 バイト
 

ダウンロードができないときの対処方法

仕様

ソフトウェア種別 BT2DH
バージョン 2.1.14
登録日 2020年4月1日
対応機種
  • DocuWide 2055
  • DocuWide 2055 (Model-NP)
  • DocuWide 2055 MF
  • DocuWide 3030
  • DocuWide 3030MF
  • DocuWide 3035 MF
  • DocuWide 5070
  • DocuWide 5070MF
  • DocuWide 6055
  • DocuWide 6055 MF
  • DocuWide 9095α
動作環境
  • Windows 10 (32ビット) 日本語版
  • Windows 10 (64ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2019 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2016 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2012 R2 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2012 (64ビット) 日本語版
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社

注意事項

インストールについて

  1. Administrator権限のあるユーザーでログインします。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
  3. インストーラーが起動しますので、画面の指示に従って操作してください。
  • 注記 Windows 8.1の場合、BT2DHをインストールする前に、マイクロソフト社から提供されている更新プログラム「KB2919355」を適用しておく必要があります。

ご利用の際の注意

  1. Windows 10, Windows Server 2016, Windows Server 2019をお使いのお客様へ
    ファイアウォールが有効となっている環境で「BT2DHコンバーター」を利用された場合、
    対象機種からログを正しく収集できない事があります。
    次のファイルパスを「Windows Defender ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」に登録してください。
    デフォルトでは以下のとおりです。
    (32ビットOSの場合) C:\Program Files\Fuji Xerox\BT2DH\BT2DHCNV.exe
    (64ビットOSの場合) C:\Program Files (x86)\Fuji Xerox\BT2DH\BT2DHCNV.exe
  2. BT2DHコンバーターで収集できるデバイスの台数について
    BT2DHコンバーターは1本につき、おおよそ50台を最大値目安で設計されています。
    それ以上の台数は、動作対応外となりますのでご注意ください。
    なお、50台以上の利用を検討される場合は、複数のBT2DHコンバーターをご利用ください。

変更履歴

2020年4月1日 Ver. 2.1.14 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • 掲載モジュールをアップデートインストーラーからフルインストーラーに変更しました。
  • 対象OSから次を除外しました。
    • Windows 7 (32ビット) 日本語版
    • Windows 7 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server 2008 (32ビット) 日本語版
    • Windows Server 2008 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server 2008 R2 (64ビット) 日本語版
  • バージョン情報ダイアログを閉じる時の不具合を修正しました。

2019年1月15日 Ver. 2.1.12 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • 対象OSに次を追加しました。
    • Windows Server 2019 (64ビット) 日本語版
  • Windows 10 October 2018 Update 環境で一部の画面表示が文字化けする不具合を修正しました。

2018年1月26日 Ver. 2.1.11 再掲載

前回掲載からの変更点

  • モジュールを更新しました。

2016年8月23日 Ver. 2.1.11 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Windows 10 Anniversary Update 環境で正しく動作しない不具合を修正しました。

2016年4月27日 Ver. 2.1.10 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • 対象OSに次を追加しました。
    • Windows 10 日本語版
  • 対象OSから次を除外しました。
    • Windows Server 2003 日本語版

2014年9月26日 Ver. 2.1.9 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • 対象OSに次を追加しました。
    • Windows 8 (32ビット) 日本語版
    • Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
    • Windows Vista (64ビット) 日本語版
    • Windows Server 2008 (64ビット) 日本語版
    • Windows 7 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server 2008 R2 (64ビット) 日本語版
    • Windows 8 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server 2012 (64ビット) 日本語版
    • Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server 2012 R2 (64ビット) 日本語版
  • 対象OSから次を除外しました。
    • Windows XP (32ビット) 日本語版

2014年8月22日 Ver. 2.1.8 リリース

リリース

使用許諾条件

本ソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)の使用許諾条件は、以下に記載するとおりです。

  1. 提供ソフトウェアの著作権は、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(以下、富士フイルムビジネスイノベーションといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウェアは、各提供ソフトウェアに対応する富士フイルムビジネスイノベーション製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウェアを使用するにあたっては、各提供ソフトウェアに関して富士フイルムビジネスイノベーションが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウェアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウェアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士フイルムビジネスイノベーションおよび関連会社、特約店、提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウェアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士フイルムビジネスイノベーションおよび関連会社、特約店、提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上