富士フイルムビジネスイノベーション

Remote Color Management Service申込みチェックツール

本サービスに登録されているソフトウェアをダウンロードする前に、 「注意事項」 および 「使用許諾条件」 を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウェアをダウンロードして使用することができます。

概要

Remote Color Management Serviceは、プロダクションカラープリンターの色管理を効率的にサポートするクラウドサービスです。色管理の効率化をはかり、少ない工数で、多拠点間・複数プリンター間の色管理品質を向上させることができます。

本ツールをプリントサーバーにインストールすることで、Remote Color Management Serviceを使用するために、対応プリントサーバーのバージョンアップが必要か否かの判定ができます。判定後、お申し込みが可能な場合はサービス申し込みに必要な[機械申請ID]が取得できます。

対応機種

Remote Color Management Serviceの対応機種をご覧ください。

動作環境について

申込みチェックツールは、プロダクションプリンターのPrint Serverで動作するアプリケーションで、ご使用のPrint Serverの動作環境に準じます。

ダウンロード

ファイル名 rc_appchk_setup.zip
ファイル形式 ZIP圧縮形式
ファイルサイズ 66,968,272バイト (65,399 KB)

仕様

ソフトウェア種別 申込みチェックツール
バージョン 1.2.1.0
登録日 2021年7月9日
動作環境 Print Serverの動作環境に準ずる
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社

注意事項

申込みチェックツールのインストール方法

  1. プリンターの電源を入れ、Print Serverを起動します。(手順は、プリンターとPrint Serverのマニュアルを参照してください。)
  2. PX Print Serverの場合で、FX_ServerManagerを管理者モードで実行している場合は、ログオフします。(手順は、Print Serverのマニュアルを参照してください。)
  3. GX Print Serverの場合は、Windows管理者のログイン名で、Windowsにログインします。(デフォルトのパスワードは、Print Serverのマニュアルを参照してください。デフォルトのWindows管理者のログイン名は、「P-Server」です。)
  4. ダウンロードした「rc_appchk_setup.zip」をPrint Severへコピー、解凍し、「setup.exe」を管理者権限で実行し、ツールのインストールを行います。
  5. デスクトップに作成されるショートカット「RemoteColorAppChkTool」をダブルクリックして、申込みチェックツールを起動します。

ご利用の際の注意

  1. インストール時、および、ご利用の際の注意事項については、同梱の「Remote Color Management Serviceご使用になる前に」をご覧ください。

使用許諾条件

本ソフトウェアの使用許諾条件は、以下に記載するとおりです。

  1. 本ソフトウェアの著作権は、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(以下、富士フイルムビジネスイノベーションといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 本ソフトウェアは、対応する富士フイルムビジネスイノベーション製品を利用する目的で提供する国内においてのみ使用することができます。
  3. 本ソフトウェアを使用するにあたっては、富士フイルムビジネスイノベーションが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 本ソフトウェアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 本ソフトウェアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士フイルムビジネスイノベーションおよび関連会社、特約店、提供ソフトウェアの原権利者は、本ソフトウェアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また本ソフトウェアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士フイルムビジネスイノベーションおよび関連会社、特約店、提供ソフトウェアの原権利者は、本ソフトウェアに関し何らの保証責任および賠償責任を負うものではありません。

以上

関連情報