富士フイルムビジネスイノベーション

連携を広げて自由に

連携を広げて
自由になる。

Mr.Apeosが考える
連携の広がりとは?

Mr.Apeos

案件情報とスムーズに連携
CRM/SFA連携

今日のMr.Apeos

社内外と効果的に連携しながら、
南極で働くMr.Apeos。

お客様からの受注処理も、仕入先への発注処理も、
手間をかけずに、スマートにこなしていきます。

Mr.Apeosが抱えていた悩み

  1. 01 大量のファクスで情報が埋もれる…

    ファクスによる注文書など書類が積み重なり、対応漏れが起きそうで心配…。

  2. 02 書類がバラバラで、すぐに探し出せない

    案件情報と関連書類がバラバラに管理されていて、探す時間がもったいない。

  3. 03 取引先へ送る書類の作成が大変…

    案件情報を見ながら注文書などを作成するのに時間がかかってしまう。

よくあるビジネスシーン

  • 今月発売した新商品はお客様からの評判もうなぎのぼり。今も電話で、大口顧客から大量発注があったところだ。
  • さてと、注文内容を確認して今日中に発注しなくちゃ。上機嫌で自席にかえったところを待ち構えていたのは、山積みの注文書の束。…え?これを今日中に全部やるの…?

Mr.Apeosが南極でも商談に対応できるわけは?

CRM/SFA連携
紙の書類と情報を紐付け管理

複合機やDocuWorksが、CRM/SFAで管理する案件情報や顧客情報とシームレスに繋がります。
CRM/SFA上の情報を直接印刷したり、紙やファクスで受領した書類をCRM/SFA上の情報へ直接紐づけて登録できるようになることで、書類とCRM/SFAの連携・活用を促進します。

  • ※1 CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)/SFA(セールス・フォース・オートメーション):顧客情報を管理し、経営や営業活動に活用するためのシステムやツール
  • ※2 DocuWorks(ドキュワークス):富士フイルムビジネスイノベーションが提供する、オフィスのさまざまな場面で作成されたアプリケーションデータ、ファクスデータ、スキャンデータなどを区別なく扱い、さまざまな文書データの処理を同一画面で行えるドキュメントハンドリングソフトウェア

解決のポイント

  1. 01 自動登録で、見逃しの心配がありません

    複合機が受信したファクスをCRM/SFAに直接登録し、台帳化。

  2. 02 案件情報と関連書類を一括管理

    複合機やPCからCRM/SFAの案件情報に書類添付が可能。資料をまとめる手間はかかりません。

  3. 03 CRM/SFAの情報から帳票を自動生成

    あらかじめ用意したテンプレートに案件情報を流し込むことで帳票を自動的に生成できます。

導入の決め手

  1. 01 既存のファクス回線を利用可能

    既存のファクス回線をそのまま利用できるため、取引先との調整作業は不要です。

  2. 02 オフィス内の複合機を活用できる

    オフィスの複合機をそのまま利用できるため、導入コストを抑えられます。
    ※ 富士フイルムビジネスイノベーション社製の商品のみ

  3. 03 親しみやすく簡単な操作性

    「DocuWorks」上で操作できるため直感的に扱えます。

Mr.Apeosの
おすすめサービス

クラウド連携アプリケーション
for kintone

業務アプリ構築クラウドサービス「kintone」と複合機を連携できる、複合機にインストールして利用する有償アプリケーションです

DocuWorks Cloud
Connector for Salesforce

株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSFA/CRMサービスである「Sales Cloud」と「DocuWorks」をシームレスに繋ぐDocuWorksプラグインです。

DocuWorks Cloud
Connector for kintone

サイボウズ株式会社が提供するクラウド型データベースアプリ「kintone」と「DocuWorks」をシームレスに繋ぐDocuWorksプラグインです。

電子契約を一連の作業で完結
電子サイン連携

今日のMr.Apeos

社内外と効果的に連携しながら、
南極で働くMr.Apeos。

取引先との契約業務もスマートです。
契約前の社内合意をスピーディに取り付け、
締結後の後処理もエレガントに進めていきます。

Mr.Apeosが抱えていた悩み

  1. 01 契約前の社内合意に時間がかかる…

    電子契約の導入で締結作業はカンタンに。でも、その前の上司承認には時間がかかる。

  2. 02 複数のシステムを使いこなすのは大変…

    電子契約は便利だけど、取引先ごとにシステムを使い分けるのはかなり面倒だ。

  3. 03 締結済みの契約書をうまく管理したい…

    電子化したことで契約書を検索しやすくなった。どうせなら資料も一緒に管理したい。

よくあるビジネスシーン

  • 今月もそろそろ契約更新の時期。うちは電子契約を導入したから、契約書を取引先と紙で送り合う必要がなくなった。そろそろ処理を始めようか…。いつもよりは遅くなったけど、まだまだ余裕だろう。
  • 契約書を作成して、まずは関連部門と合議だったな。合議に5営業日、上司の事前承認に3営業日。今日は月曜日だから…意外と時間がかかるけど間に合うのか…?

Mr.Apeosが南極でも契約を効率的に行えるわけは?

DocuWorks×電子サイン連携
スピーディに社内回覧

かんたんな操作で文書を共有し、そのままシームレスに署名依頼が可能です。

  • ※1 DocuWorks(ドキュワークス):富士フイルムビジネスイノベーションが提供する、オフィスのさまざまな場面で作成されたアプリケーションデータ、ファクスデータ、スキャンデータなどを区別なく扱い、さまざまな文書データの処理を同一画面で行えるドキュメントハンドリングソフトウェア
  • ※2 電子サイン:電子文書やフォームに対する同意または承認の意思を法的に有効な形で記録し、電子契約を実現する手段

解決のポイント

  1. 01 電子のトレイでスピーディに回覧

    DocuWorksトレイなら、ドラッグ&ドロップで文書を回覧。通知機能で処理の滞留も防げます。

  2. 02 署名の依頼は DocuWorks上で完結

    「DocuWorks」との連携で、かんたん操作で署名依頼。都度ログインは不要です。

  3. 03 締結後はクラウド上にかんたん保管

    締結が完了すると「DocuWorks」上に自動ダウンロード。かんたん操作で資料と一緒にクラウドで保管できます。

導入の決め手

  1. 01 一気通貫で業務効率化を支援

    契約の事前作業から契約後の書類管理まで、契約業務全体の効率化を支援。

  2. 02 親しみやすく簡単な操作性

    「DocuWorks」上でかんたんに扱えます。

  3. 03 さまざまな電子サインサービスから最適なものを選定

    各社のオフィシャルパートナーとして、多角的な視点から適切なサービスを提案します。

Mr.Apeosの
おすすめサービス

DocuWorks
Cloud Connector for
DocuSign

DocuSign社が提供する電子署名サービスである「DocuSign」と「DocuWorks」をシームレスに繋ぐDocuWorksプラグインです。

DocuWorks
Cloud Connector for
CloudSign

弁護士ドットコム株式会社が提供する電子署名サービスである「クラウドサイン」と「DocuWorks」をシームレスに繋ぐDocuWorksプラグインです。

DocuWorks
Cloud Connector for
Adobe Sign

アドビ株式会社が提供する電子契約サービスである「Adobe Sign」と「DocuWorks」をシームレスに繋ぐDocuWorksプラグインです。

様々な業務から文書管理に連携する
クラウドストレージ連携

今日のMr.Apeos

社内外と効果的に連携しながら、
南極で働くMr.Apeos。

社内や取引先からの急な依頼にも素早く、フレキシブルに対応します。

Mr.Apeosが抱えていた悩み

  1. 01 紙書類のスキャン登録が面倒…

    取引先から受け取る紙の書類。スキャン作業などによるシステム登録に時間が取られる。

  2. 02 書類の管理・共有ができていない…

    書類の保管場所がバラバラで共有できておらず、問い合わせにすぐに対応できない。

  3. 03 プリントのためにいちいちPCを起動…

    作成済みの書類をプリント印刷したいだけなのに、わざわざPCを起動する必要が…。

よくあるビジネスシーン

  • 期待の部下にとって初めての大型商談。最終プレゼンに立ち会うためにPCを閉じてデスクを離れた途端、一足先に客先に向かった部下から一本の電話が…。
  • 「お客様の出席者が増えたので、提案書を追加で持参いただけますか?」ちょうどPCをシャットダウンしたところなのに…。思わずため息が漏れてしまう。PCを起動していたら、もう間に合わない。どうする…?

Mr.Apeosが南極でも業務を効率的に行えるわけは?

複合機×クラウドストレージ連携直接クラウドストレージ登録&印刷

受け取った書類を複合機から簡単操作でシステムへ登録できます。
また、クラウドストレージ上の書類を直接印刷できるので
PCの起動が不要です。

解決のポイント

  1. 01 複合機のかんたん操作でシステムへ直接登録

    複合機のかんたん操作で書類をスキャンし、クラウドストレージに直接登録。

  2. 02 外出先からの確認や共有も可能

    クラウドストレージで書類を一元管理することで、共有や外出先からの確認も可能。

  3. 03 複合機からクラウドの書類をプリント可能

    複合機からクラウドストレージに直接アクセスし、すぐに書類をプリントできます。

導入の決め手

  1. 01 モバイルからもかんたん操作

    モバイル端末からでも、簡単にスキャンやプリントの操作が行えます。
    ※モバイル端末での利用にはPrint Utility(無償)のインストールが必要です

  2. 02 セキュアで快適な接続

    シングルサインオン接続、暗号化通信、アクセス制限などの機能により安全な運用が可能です。

  3. 03 多彩なストレージと連携が可能

    Box®、OneDriveなど7つの主要クラウドストレージと共通のインターフェースで連携。

Mr.Apeosの
おすすめサービス

Cloud Service Hub®

複合機から様々なクラウドストレージサービスへ連携し、利便性と安全性を両立しながらスキャン・保存、検索・プリントのシームレスなワークフローを実現するサービスです。

Working Folder®

富士フイルムビジネスイノベーションが提供する、セキュアで大容量の法人向けクラウドストレージサービスです。
いつでもどこでも、欲しい情報に安全・安心してアクセスできる環境をご提供いたします。

 
 

このページのトップへ