富士フイルムビジネスイノベーション

働く場所の常識から自由に

働く場所の常識から
自由になる。

Mr.Apeosが考える
働く場所の常識からの自由とは?働く場所の常識からの
自由とは?

Mr.Apeos

紙文書の制約から解放する
電子契約ソリューション

今日のMr.Apeos

働く場所の常識にとらわれず、
ジャングルで働くMr.Apeos。

部下から飛んでくる急ぎの押印依頼にも、慌てることなく対応。
過去に契約したクライアントからの問い合わせにも、
当時の契約内容をすぐに確認してサクサクと回答します。

Mr.Apeosが抱えていた悩み

  1. 01 契約を結ぶだけで2週間も…

    契約締結に時間がかかり、ビジネスチャンスが逃げていく。

  2. 02 ハンコのためにわざわざ出社…

    リモートワークが普及する中押印のためだけにわざわざ出社。

  3. 03 あの契約書、どこに保管した…

    欲しい時に見つからない契約書。機会損失につながることも。

よくあるビジネスシーン

  • 提案を続けていたクライアントから発注メール。期末予算の決済で、過去に類のない大型案件。これで、今期の目標達成が見えてきた!でも…もう月末じゃないか…。
  • まずい予感がする。すぐに経理に電話。今日中に注文書を回収しないと計上が間に合わない。郵送のやり取りでは時間がかかる。さて、どうするか…。

Mr.Apeosがジャングルでも契約業務が可能なわけは?

電子契約を使って紙の世界から開放

紙で行っていた契約を電子化すると
いつでもどこにいても契約を結ぶことができます。

解決のポイント

  1. 01 クラウド上で契約業務が完結

    物理的な距離にとらわれずいつでも、どこでも契約締結が可能。

  2. 02 確認したい契約書をすぐに見つけだせる

    過去に電子契約したものは検索してすぐに内容確認。万が一の訴訟や監査時の備えとしても。

  3. 03 テンプレートですぐに契約書を作成できる

    よく使う雛形をテンプレート保存。急な案件発生時も早急に対応できます。

さらに

  • 契約締結までが
    最大5倍早くなる!

    電子契約なら、最短数分で契約を締結可能。郵送だけでなく、印刷や保管にかかっていた時間も大幅に短縮できます。

  • 約70%
    コスト削減

    郵送代や紙代、インク代に加え、印紙代も削減可能。契約1件ごとにかかっていた工数も圧縮できます。

  • コンプライアンス
    強化

    データ暗号化で改ざんを防止し、セキュリティも担保。紛失やデータ漏えいのリスクも低減できます。

導入の決め手

  1. 01 かんたん操作ですぐに運用開始

    直感的な操作で簡単に契約書の送信・押印が行えるので自社も取引先もスムーズに使えます。

  2. 02 中立的な立場で複数サービスから選定

    各社のオフィシャルパートナーとして利便性や拡張性など多彩な視点で適切なサービスを提案します。

  3. 03 自社利用で得た確かなノウハウ

    国内最大規模の電子契約ユーザーとしての実体験からノウハウを共有します。

Mr.Apeosの
おすすめサービス

DocuSign

DocuSign

グローバルで数億人が利用する、世界で一番利用されている電子署名

クラウドサイン

CLOUD SIGN

日本で生まれ、日本の法律に精通した、日本をリードする電子署名

Adobe Sign

Adobe Sign

幅広い法的要件に準拠した、世界で最も信頼されている電子署名

いつでも、どこでも情報を入手
どこでもプリント

今日のMr.Apeos

働く場所の常識にとらわれず、
ジャングルで働くMr.Apeos。

どこで働いていても資料の印刷には困りません。
オフィス外でも、スマホの簡単操作でプリントを行っています。

Mr.Apeosが抱えていた悩み

  1. 01 戻らないとプリントできない…

    外出先で資料が必要になったが、プリントする手段がない。

  2. 02 他拠点でのプリントで迷惑が掛かる…

    出張時に他拠点の人たちに資料をプリントしてもらっている。手間をかけさせて申し訳ない。

  3. 03 プリント時にいちいちPCを起動…

    スマホのメールチェックで資料が届いたことを知った。PCを立ち上げ、プリントしなければ…。

よくあるビジネスシーン

  • 外出先でのテレワーク中、上司から突然一本の電話が。「急なお願いだが、お客様に商品の説明をしてきて」商品について熟知しているMr.Apeos。意気揚々と上司の依頼を引き受けた。
  • あれ、いつも説明で使っているチラシがない。まずい、プリントをするにも、オフィスに戻っていたら間に合わない。さて、どうするか…。

Mr.Apeosがジャングルでも情報が入手できるわけは?

オフィス外でも、簡単操作どこでもプリント

クラウドサービスを利用することで、
外出先からでもモバイル端末などでプリント指示が可能です。

解決のポイント

  1. 01 外出先でも資料をプリント

    最寄りの拠点、セブン-イレブン、ホテルなど、外出先からもセキュアにプリントできます。

  2. 02 他拠点の複合機でもスムーズに出力

    他拠点の複合機でもプリントドライバーのインストールなしで出力可能です。

  3. 03 モバイル端末でプリント指示

    PC、スマートフォン、タブレットなどからも簡単にプリント指示を行えます。

導入の決め手

  1. 01 簡単な操作で使い始められる

    アプリやWebを通じて簡単にプリントできるため、誰でも手軽に扱えます。

  2. 02 セブン-イレブンや他拠点でもプリント

    最寄りの拠点の複合機や、全国のセブン-イレブンのマルチコピー機からプリントできます。

  3. 03 テキスプリント料金は一括清算トテキスト

    セブン-イレブンのプリント料金は、都度払いだけでなく、法人としての一括清算も可能です。

Mr.Apeosの
おすすめサービス

Cloud On-Demand Print®

ネット上のクラウドサービスを利用することで、他拠点の複合機からのプリントが可能になります。

ネットプリント

お近くのセブン-イレブンやホテル、図書館、インターネットカフェなどの複合機からプリントが可能になります。

サイバー攻撃から守る
オフィスあんしんセキュリティー

今日のMr.Apeos

働く場所の常識にとらわれず、
ジャングルで働くMr.Apeos。

情報漏えい対策にも抜かりはありません。
どこで働いていても、サイバー攻撃などに対するセキュリティー対策は万全です。

Mr.Apeosが抱えていた悩み

  1. 01 ウイルスメールが出回っている…

    巧妙になりすました、怪しいURL付きメールが届いている。ついクリックしてしまいそうだ…。

  2. 02 万全なウイルス対策が分からない…

    とりあえずウイルス対策ソフトは入れたが、テレワーク時も安全だろうか?

  3. 03 テレワークの増加でPC管理は…

    テレワークでPCの持ち出しが増え、2台持ちのメンバーもいる。

よくあるビジネスシーン

  • あれ、このメール怪しい!差出人は部長だけど、なりすましメールだな。まあ、俺はこんな手には引っ掛からないぞ。ほかの社員にもこのメールが届いてると思うが、まあ、最悪、ウイルス対策ソフトで何とかなるか。
  • ウイルス対策ソフトの最新化をしておかないとダメかもな。そもそも、全員のPCに対策ソフトがちゃんと入っているのかも怪しい。誰かのPCがウイルス感染してしまったら会社全体のネットワークがタウンしてテレワークも続けられなくなる。すごく心配になってきた…。

Mr.Apeosがジャングルでも安心して働けるわけは?

オフィスあんしんセキュリティーあんしんを一元管理

PCやネットワークを最新技術でお守りします。
また、クラウド上で端末状況を集約管理できます。

解決のポイント

  1. 01 うっかりクリックに保護機能が作動

    怪しい広告やURL、添付ファイルをクリックしても、起動制御機能や改ざん防止機能が作動します。

  2. 02 未知の攻撃にも対応する最新技術

    膨大な脆弱性対策用シグネチャ、AIによる不正挙動分析などで、サイバー攻撃をシャットアウト。

  3. 03 クラウドによる一元管理

    クラウド上で端末状況を集約管理。管理コンソールを通じて全端末のセキュリティー管理が可能です。

導入の決め手

  1. 01 万が一の時のサイバー保険を付帯

    サイバー攻撃による損害と事故発生時の対応費用を補償するサイバー保険も付帯しています。

  2. 02 管理コストの低減

    導入時に専用サーバーは不要。手間やコストを抑えながら体制整備を行えます。

  3. 03 あんしんのサポート体制

    操作や設定などのご質問に電話やメールでスピーディに対応します。

Mr.Apeosの
おすすめサービス

beat

お客さまのネットワーク環境を24時間365日守り続けるサービスです。

オフィスあんしん
セキュリティーサービスMA

トップクラスの技術で守るセキュリティー市場のリーダーとの強いパートナーシップによる高い技術

オフィスあんしん
セキュリティーサービスAG

最先端の技術で守る20年間破られたことがない特許技術

 
 

このページのトップへ