富士フイルムビジネスイノベーション

Connection BOX 1 for EM 特長

Connection BOX 1 for EMとは

大学、コンビニ、ホテルなど様々なシーンで、交通系電子マネーによるコピー、プリント決済を実現します

Connection BOX 1 for EMは、富士フイルムビジネスイノベーションの複合機およびプリンターに接続して交通系電子マネーR/W注1 を中継し、コピー・オンデマンドプリントサービスを実現する小額課金決済接続装置です。Suica注2 など交通系電子マネーに対応しキャッシュレスでの小額決済を実現。管理工数を削減します。また、現金決済では対応できなかった1円単位での価格設定にも対応。磁気カードでの度数管理システムに比べてセキュリティー性も向上しました。

Connection BOX 1 for EM

  • 注記カードタイプ以外の交通電子マネーはご利用いただけません。
  • 注1R/W: Reader Writerの略。
  • 注2Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

交通系電子マネーに対応

交通系電子マネー(Suica、他)に対応することにより、大学キャンパスなどにおけるキャッシュレスライフの実現に貢献します。

決済システムと連携

交通系電子マネーのデータセンターと接続することによって交通系電子マネー用R/W注1 の決済処理を実現。管理者の工数を大幅に削減します。

  • 注1R/W: Reader Writerの略。

2種類の設定方法を提供

設置時にパソコンを接続し操作性の優れたWeb画面での設定機能を提供。また、簡単な設定変更時には、管理者が本体液晶画面での設定変更も可能です。

コピー、プリント単価の細かな設定

サイズ別/カラーとサイズ別/サービス(コピーまたはプリント)別、カラー、およびサイズ別など細かな設定が可能。すべての価格は1~999円の範囲で設定できます。

Connection BOX 1 for EMと交通系電子マネーR/W(別売品)との設置例Connection BOX 1 for EMと交通系電子マネーR/W(別売品)との設置例

  • 注記交通系電子マネーR/Wは別売品(JR東日本メカトロニクス株式会社製)です。
  • 注記交通系電子マネーR/WはConnection BOX 1 for EMの上に設置できます。交通系電子マネーR/Wには盗難防止用セキュリティーワイヤーが同梱されていますので、同梱のセキュリティーワイヤーで必ず固定してください。

関連商品との併設

Coin Cashier / Coinkit 9、EPnet-Box、IC Card CashierなどをAdaptor-Boxを介し併設可能。併設用設置台も用意注1

  • 注1詳細は当社営業担当へお問い合わせください。

オプション

レシートプリンター

経費処理などで必要になるレシート発行もオプションのレシートプリンターを使うと可能になります。レシートプリンターを接続して管理者カードを機器に入れることで、過去に発行したレシートの再発行や、未発行のレシートの発行が可能です。

レシートプリンター

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ