富士フイルムビジネスイノベーション

DocuPrint CP400 d II / CP400 ps II 特長

Compact & High Speed

高さを抑えたコンパクトボディながら、カラー/モノクロとも35枚/分の高速出力を実現。

置き場所を選ばないコンパクト設計

店頭や窓口、バックヤードなど、スペースに限りがある場所にも設置しやすいコンパクト設計注1 。特に高さを低く抑えることに注力した設計により、スペースが狭い店舗のカウンターの下や、棚の空スペース、レジ横など、これまで難しいと考えられたデッドスペースにもプリンターを設置することが可能です。

置き場所を選ばないコンパクト設計、DocuPrint CP400 d II/CP400 ps II

  • 注1幅427×奥行488×高さ384 mm。

カラー/モノクロとも35枚/分の高生産性

タンデム方式と中間転写方式で、カラー/モノクロとも35枚/分注1 の高生産性を実現

本プリンターは、Y(イエロー)、M(マゼンタ)、C(シアン)、K(ブラック)の各色ごとに画像形成ユニットを直列に配置したタンデム方式と、中間転写ベルトへ一度転写した画像を用紙に一括して高精度2次転写する技術を採用しています。中間転写から一度に紙へ刷るため用紙の搬送距離が短くなり、高速出力を実現しました。

タンデム方式と中間転写方式で高生産性を実現

ファーストプリントが速い(カラー9.2秒、モノクロ8.5秒)

1枚目の出力に要する時間は、カラー9.2秒注2 、モノクロ8.5秒注2 。窓口業務など1枚だけすぐに欲しいといった急ぎの印刷要求にもスピーディーに応えます。

ウォームアップ・タイムも19.9秒以下

定着ユニットに熱効率の良い薄肉ヒートローラーの採用により、電源投入時のウォームアップ・タイムも19.9秒以下注3 を実現しました。スリープモードからのリカバリー・タイムも同じく19.9秒以下です。

  • 注1A4同一原稿片面連続プリント時(普通紙)。両面印刷時の連続プリント速度は23ページ/分になります。また1200×1200 dpi時は片面連続プリント速度は17.5枚/分に低下します。
  • 注2本体標準トレイにて、印刷動作が始まってから1枚目の用紙が排出されるまでの時間。
  • 注3電源投入時、室温20℃。当社測定基準による測定値。ご使用条件、画質制御によってはさらに時間がかかる場合があります。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

  • 注記DocuPrint CP400 d IIは販売を終了しました。