富士フイルムビジネスイノベーション

1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System(Model-T2H/T2N) 特長

Function

軽量・コンパクトボディーに、ハイパフォーマンスを搭載したフルカラー連続紙高速インクジェットプリンター。

プリントビジネスを成功に導く新戦力

より高品質に、よりスピーディーに。連続紙プリンターの分野で評価の高い富士フイルムビジネスイノベーション。長年にわたる経験やノウハウを継承したフルカラー連続紙高速インクジェットプリンター 1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing Systemの、サーバーの性能がさらにアップしました。

600 × 600 dpi、8 bitという高解像度でのデータ処理を実現しつつ、巨大ピクセルデータを高速で処理する能力も強化。ユーザーフレンドリーな操作で出力プロセスの手間を省きます。最適化された出力環境で、従来出力はもちろん、バリアブル印刷など新規ビジネスへのたのもしい戦力となります。

さらに、バリアブルプリントへの対応力、ロール紙の前/ 後加工をする加工機オプション、カメラにより印刷品質を検査する検査ユニット注1 との接続など、柔軟性と拡張性、信頼性も備え、プリンティングビジネスの未来を強力に支援します。

1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System

  • 注1オプション。

High Performance

1312ページ/分注1 の超高速フルカラー出力

プリント速度は、フルカラーで毎分1312ページ注1 の超高速出力を実現。高速かつ安定した処理能力により、長時間のミッションクリティカルなジョブを確実に遂行します。ロール給紙装置、ロール巻き取り装置注2 との接続で、1ジョブ数万ページの大量一括プリントが可能。トランスプロモなど大量・短納期のジョブを圧倒的な生産性能でこなし、格段の生産効率アップを図ることができます。

600 dpiの高画質・高品位プリント

印字品質は、カラー連続紙プリンターでありながら600 × 600 dpi の高解像度を実現。訴求力を必要とするトランスプロモの写真は美しく、文字や数字は読みやすくくっきりとプリントできます。また使用インクは、発色性に優れ、色の再現性が高い、水性タイプのインクを採用しています。

  • 注1A4カット紙、2アップ両面プリント換算。
  • 注2オプション。

Efficiency

操作性に優れたタッチパネルとカラーマネジメント

プリンター本体のコントロールパネルには、当社上位機種注1 と互換性のある操作性に優れたカラータッチパネルを採用。プリンターの状態、JOBの状態、RIPの進捗状況などをオペレーターが直感的に把握できるようGUIでアシストします。また、カラーマネジメントツールやカラープロファイルも実装可能。画質調整にかかる時間を大幅に節約でき、稼動効率のアップが図れます。

用紙のダメージが少ない赤外光乾燥機

プリンター内蔵の乾燥機は、中赤外光(波長のピーク2~2.5μm)によって水分子自体を励起させて蒸発、乾燥させます。インク部分に集中して熱が伝わるので、用紙変形が最小限に抑えられます。熱伝導の効率も良く、乾燥機の内部温度が40℃程度に抑えられ、消費電力の削減とウォームアップ時間を短縮しています。 プリンター内蔵の乾燥機は、中赤外光(波長のピーク2~2.5μm)によって水分子自体を励起させて蒸発、乾燥させます。 1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System(Model-T2H)は、この乾燥機能を強化しています注2 。インク部分に集中して熱が伝わるので、用紙変形が最小限に抑えられ使用可能な用紙の範囲が拡大します。熱伝導の効率も良く、乾燥機の内部温度が40℃程度注3 に抑えられ、消費電力の削減とウォームアップ時間を短縮しています。

  • 注1 2800 Inkjet Color Continuous Feed Printing System。
  • 注2 1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System(Model-T2N)は、オプションで取り付け可能。
  • 注3設定により変更可能。

Light Weight & Downsizing

軽量・耐荷重設計を実現

1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System(Model-T2H)は、総荷重7630 kg注1 、床荷重500 kg/2注2 の軽量・耐荷重設計を実現しました。これにより、2階以上のフロアーへの設置が可能となるなど設置場所の幅が広がり、さらに導入しやすくなりました。

軽量のプリントエンジン

ロール to ロール両面フルカラー印刷の構成において、 1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System(Model-T2H)のプリンター部は、幅8200 × 奥行2490 × 高さ1780 mmと、コンパクト化を実現し、スペースの有効活用に大きく貢献します。

  • 注1用紙重量は含まれません。
  • 注2用紙重量580 kgが含まれます。

Scalability

業務に合わせてアップグレードが可能なプリンター

モノクロプリントに特化した、 1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System モノクロモデルを用意しました。プリント業務にあわせてお選びください。
モノクロモデルをフルカラーモデルにアップグレードすることも可能です。

システム構成

1台のプリンターで構成されるシステムで、片面/両面プリントができます。

システム構成

Controllable

高精細かつよりスピーディーに

600 x 600 dpi、8 bitの内部画像処理で、より高精細でなめらかな階調性を実現。スピード面もさらに磨かれ、ハードウェア注1 による高速画像処理に加え、新開発の中間データフォーマット注2 搭載。画質を劣化させることなくデータ量を軽減。処理時間を短縮化し、質の高い仕事を短時間でより多くこなせます。

さらに、オペレーティングシステムのハードディスク・ドライブを二重化しています。これにより、万が一、ハードディスク・ドライブに障害が発生した場合も出力を継続することができ、プリント業務の停滞を回避できます。

新ユーザーインターフェイスで、より直感的な操作が可能

使いやすさを徹底的に考え、一目で目的の操作画面を見つけられるようにデザインされたメニュー画面。エラー発生時には、問題発生部位と対処方法をビジュアルで確認できるので、どなたでも安心してご使用いただけます。

初期画面プリンター状態初期画面プリンター状態

インク予測消費量計測機能で、コスト計算

新しくなったサーバーでは、印刷データのページごとのインク使用量の予測が可能になりました。概算コストを計算するのに役立ちます。

インク使用量予測画面インク使用量予測画面

バリアブルプリントで、新規ビジネスモデルの創出を

紙面の一部を1枚ずつ差し替えて印刷するバリアブルプリント環境を柔軟に構築できる、業界標準PPML注3 もサポート。高速プリント出力が可能です。顧客とのOne to One のコミュニケーションに活躍するパーソナライズDM、チケットのナンバー印字・保険・金融機関からの個人宛通知など、柔軟・迅速に対応できます。

高精度なCMYKプロファイルを作成注4

プリンターと印刷機の両方のプリント結果を測定したデータから、高精度なCMYKプロファイル注4 を作成します。プリンターの色再現性を印刷機に合わせることができます。

ストックライブラリーで各種用紙にスピーディーに対応

用紙のタイプと最適なパラメーターを事前登録しておけるストックライブラリーを搭載しました。お好みの名前を付けて登録した設定は簡単に呼び出し可能です。用紙変更時の設定の手間を省きます。

ストックライブラリー設定画面ストックライブラリー設定画面

  • 注1DRP(Dynamic Reconfigurable Processor)
  • 注2富士フイルムビジネスイノベーション独自の特許取得技術。
  • 注3Personalized Print Markup Language。
  • 注4ターゲットの印刷機とプリンターの色再現域の違いにより、再現できない色がある場合があります。

幅広い用紙への対応力が業務拡大に貢献

特定健康保険審査結果報告書特定健康保険審査結果報告書

Health Beautyお買い上げ明細Health Beautyお買い上げ明細

終身医療保険終身医療保険

PA学力テスト 個人成績表PA学力テスト 個人成績表

KURECAご利用明細書KURECAご利用明細書

振り込み書(圧着)振り込み書(圧着)

納付書納付書

環境対応

ひとと環境に配慮したグリーンプリンティング資機材認定を取得。

グリーンプリンティング資機材認定商品

一般社団法人 日本印刷産業連合会(JFPI)が制定するグリーンプリンティング資機材認定です。

  • 認定番号:資機材 034-F-0004
  • 商品名: 1400 Inkjet Color Continuous Feed Printing System(Model-T2H)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ