富士フイルムビジネスイノベーション

ArcEPS® 特長

ArcEPSとは

図面や技術資料の「出図」や「配付」、スムーズにできていますか?

製造業務の核となる図面や技術資料。次工程や協力会社に情報を展開するうえで「出図」と「配付」は欠かせない業務です。

しかし、配付先ごとに出力形態が異なるうえ、大量の出図を仕分け配付する作業には、多くの人手や時間がかかり、セキュリティー面でのリスクも懸念されます。

リードタイムの短縮やコストの削減を図るためにも出図・配付をより効率化できる仕組みが求められているのです。

スムーズな出図および効率的な電子配信を実現。
出図・配付業務にまつわる、さまざまな課題を改善します。

ArcEPSは、図面や技術資料など、さまざまなフォーマットが混在する文書を一元的に受け付け、部数、サイズ、各種の加工など、配付先ごとに設定を変えて一括出力・配信できる統合出力管理システムです。ArcSuiteをはじめ、さまざまなシステムと連携し、効率的な出図・配付を実現。リードタイムの短縮やコストの低減、セキュリティーの強化に貢献します。

新バージョンになって、機能がさらに充実。

  1. 複合機との親和性が向上
    • フォーム機能の拡張注1
    • 用紙サイズ別回転指定…が複合機でも設定可能
  2. 電子配信機能を強化
    • Working Folder / Working Folder Plusに対応
    • 配信データのセキュリティーを強化
  3. 用途に応じたパッケージ選択が可能
    • ライトパッケージ注2
    • 基本パッケージ
    • エンジニアリングパッケージ

さまざまなシステムと連携し、多彩に配信

ArcEPSは、製造業における情報の共有・伝達に特化したWeb統合情報管理システム「ArcSuite」をはじめ、さまざまなシステムと連携。フォーマットが異なる文書にも柔軟に対応可能です。操作性に優れたユーザーインターフェイスのもと、ArcEPS上で各種の出図設定を施し、異なる配信先に一括して出力・配信できます。

さまざまなシステムと連携し、多彩に配信

  • PDMとは、Product Data Managementの略で、製品の研究・開発から、設計、製造、検査・品質保証、保守・修理までの全工程における情報・データを一元的に管理する製品情報管理のこと。

用途に応じて導入できる3パッケージ

ArcEPSでは、「ライトパッケージ」「基本パッケージ」「エンジニアリングパッケージ」の3つの商品構成を用意。ライトパッケージは、ArcSuiteの「Startモデル」と同一サーバー上の設置ができ、より導入しやすいシステム構成が可能です。各構成は、用途の拡大に応じて機能を追加していくこともできます。

各パッケージの対応 基本パッケージ
エンジニアリングパッケージ
ライトパッケージ
マトリックスクライアント オプション対応。
出力対象の文書格納先がArcSuiteかローカルかの選択が可能。
オプション対応。
ただし、接続先はローカルのみ。
PJシート オプション対応。 標準対応。
ArcSuiteからの出力 オプションなしでも、ドキュメントスペースから文書を選択し、印刷ボタンを押すことで出力のみ可能。 マトリックスクライアントまたはPJシートを使い、ArcSuiteに登録された文書を一旦ローカルにダウンロードして出力することは可能。
  • 注1複合機の「スタンプ」機能を使わずに、DocuWideのスタンプ機能と同等のデータを生成して複合機に送ります。
  • 注2ライトパッケージはPJシートを利用します。(ArcSuiteと自動連携ができません)

「出図」や「配付」の悩みは、ArcEPSが解決

手間がかかる…

  • 配付先ごとに出力サイズや部数を変えるのは大変…
  • フォーマットが違う文書を別々に出力するのは面倒…

《解決法》多様なファイルに対応し、配付先に合わせて一括出力

ArcEPSなら、異なるアプリケーションで作成されたファイルに対応できるうえ、配付先ごとに部数やサイズ、折り、スタンプの有無など、異なる出力指示を加えて一括出図することが可能。さらに新バージョンでは、複合機へのフォーム合成機能や画像回転機能が充実しました。出図・配付の手間を大幅に軽減します。

多様なファイルに対応し配付先に合わせて一括出力

コストがかかる…

  • 海外の事業所への配付はお金も時間もかかる…
  • 内容だけ参照したいのに膨大な紙出力はムダ…

《解決法》クラウド活用も可能になり、遠隔地とスムーズに情報共有

出力イメージのデータを電子でファイルサーバーなどに格納することにより離れた場所でもリアルタイムに情報を伝達・共有できます。さらに、新バージョンからは富士フイルムビジネスイノベーションのクラウドサービス「Working Folder」に配信することが可能に。遠隔地の事業所との情報共有を促進し、配付業務をいっそう効率化します。

クラウド活用も可能になり、遠隔地とスムーズに情報共有

情報漏えいが心配…

  • 重要な図面や文書が出力後も放置されたまま…
  • 配信したデータを勝手に印刷されることも心配…

《解決法》放置プリントを抑止するプリント機能も搭載

機器の認証機能と連携することで、出力先に指定した機器では、機器の操作パネルでユーザー名とパスワードを入力するまでデータを蓄積しておくことが可能です。また、電子配信するPDFファイルそのものにパスワードの設定を可能にするなど電子配信時のセキュリティーも強化。情報漏えい抑止に貢献します。

放置プリントを抑止するプリント機能も搭載

「ArcEPSマトリックスクライアントで手配を効率化

ArcSuiteや他の図面管理システムから、配布先ことに設定を変えて一括出力・一括配信を効率化します。

ArcSuiteが設置されている環境で、ArcSuiteに保存されているドキュメントを、クライアントパソコンにインストールされているマトリックスクライアントを用いて、「複数のドキュメントを配布先ごとに異なる部数で電子配信・プリント出力する」といった複雑な指示も簡単に行えます。ArcEPSマトリックスクライアントは、パッケージ商品には含まれないオプション商品です。

ArcEPSマトリックスクライアントで手配を効率化の図

「ArcEPSジョブ受付オプションで基幹システムと連携

ジョブ受付オプション注1 は、基幹システムとの連携を可能にするオプションです。

ジョブ受付オプション注1 は、PJシート(印刷指示書)と印刷するドキュメントをArcEPSで読み込むことにより、指示されたドキュメントの印刷を行います。PJシートに、出図を指示するために、ファイル名・部数・スタンプ・紙折りといったさまざまな情報をパラメーターとして記述することで、一括して処理することが可能になります。ジョブ受付オプション注1 では、特定のディレクトリーを常に監視し、印刷処理を行います。

ArcEPSジョブ受付オプションで基幹システムと連携の図

  • 注1ArcEPS ライトパッケージには標準で同梱されています。他のパッケージ商品では、オプション商品です。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ