富士フイルムビジネスイノベーション

ArcSuite 特長

複合機・アプリ連携

複合機や、アプリケーションソフトウェアと連携することで、より使いやすく便利になります。

登録や管理がさらに便利に

複合機から

当社複合機のスキャナー機能を「Evidence Entry」と組み合わせ、紙文書をコピー感覚で登録できます。

複合機と連携

  • 注記別売ソフトウェア。

大量文書にも

「ArcSuiteキャプチャリングサービス」、「ArcSuiteドキュメント一括操作ツール」を使用すれば、大量の文書も一括で登録できます。

DocuWorks対応

使い慣れたDocuWorks Desk上から、ドラッグ&ドロップするだけで簡単に文書を登録したり、ドキュメントスペース内の情報を確認・編集することができます。

DocuWorks Desk画面DocuWorks Desk画面

  • 注記オプションのArcSuite連携フォルダ for DocuWorksが必要です。

Working Folder対応

Working Folderと連携し、文書の共有環境を簡単に用意することができます。ArcSuite上で公開したい文書をWorking Folderと同期するフォルダーに格納することで共有することができます。協力会社や現場といった社外との文書や図面を共有することができます。

Working Folder対応

  • 注記ArcSuite 4.0 連携オプション for Working Folderライセンスが必要です。また、別途Working Folderの契約が必要です。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ