富士フイルムビジネスイノベーション

ArcSuite 特長

セキュリティー/管理

強固なセキュリティーを確保しつつ、システム管理者の負担にも配慮した機能を装備。効率的な運用により、本業に集中できる環境を提供します。

安全に、正確に

アクセス権を細やかに設定可能

登録文書には、属性情報やバージョン管理、閲覧・印刷などをコントロールできるアクセス権を設定可能。また、ダウンロード後の文書の編集禁止や印刷禁止といった操作の制限も細かく設定できます。

所属メンバー以外へのアクセス権の付与も

アクセス権を「ロール(役割)」で管理することにより、所属部署など既成の組織に含まれないメンバーにも容易に付与できます。メンバーの異動の際にも、メンバーにロールを設定するだけで済みます。

ユーザーやグループにロール(役割)を設定することにより、必要なアクセス権を容易に付与することが可能。

コントロールビュー機能

閲覧者のアクセス権に応じて制限をかけたPDFやDocuWorks文書に変換します。ブラウザ内に表示したビュー上での印刷や転記の操作を制限し、情報漏洩を抑制できます。

セキュアビュー機能

ArcSuite原本性保証オプション注1

保存した文書に対する電子署名、タイムスタンプの付与/検証により、文書の改ざん検知と原本性の検証が可能になります。XAdES、PAdESにも対応。PAdESでは、タイムスタンプが1ファイル内で完結するうえ、Adobe® Reader®で参照でき、原本を広く配布したい場合に便利です。

ArcSuite原本性保証オプション

版管理がより正確に

「版管理」を利用すれば、新しい情報が追加される度にバージョンが上がり、最新版や旧版といったスタンプを文書に追加できるようになります。履歴を一元的に把握でき、次工程のミスや事故を抑止します。

  • 注1オプション

管理者の負荷も軽減

ArcSuite活用状況をレポート化

キャビネットやドロワーに登録されている文書数がどれくらいあるか、どういったファイルが保管されているかを簡単にCSV形式でレポート化。図書利用計画などが立てやすくなります。

格納ファイルサイズレポート、登録オブジェクト数レポート

登録文書のライフサイクルを自動管理

管理者が設定したルールを登録文書に適用して、文書のライフサイクルを自動管理できます。保管期間が終わったドキュメントは利用頻度に応じてアーカイブ保存。また、保存データは「更新/閲覧できないが検索できる状態」としたり外部メディアにバックアップすることも可能です。管理の効率化とディスク容量の削減に貢献します。

  • 日時設定
  • 文書の公開
  • 保管期限設定による文書の削除/移動
  • 担当者へのメール通知

 …などを自動化

登録文書のライフサイクルを自動管理

不正アクセスを管理者へ通知

操作を監視し、必要に応じて管理者に通知できます。アカウントロック通知機能に加え、大量のダウンロードなどの一般操作の監視/通知機能を搭載しています。

アカウントロック通知機能、一般操作の監視/通知機能

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ