富士フイルムビジネスイノベーション

ApeosWizTM TrustMarkingBasic 特長

ApeosWiz TrustMarkingBasicとは

紙文書の情報漏えいリスクに「隠し印刷」などで対応。機密文書や重要文書へのセキュリティー対策が簡単に実現できます

情報漏えいのリスクが最も高く、しかも、漏えいに対する対策が最も遅れているといわれる紙のドキュメント。原本の管理は十分でも、コピーされて持ち出されると、漏えい抑止はほとんど不可能といえます。富士フイルムビジネスイノベーションは、こうした紙文書の情報漏えいを抑止・分析するしくみとしてApeosWiz TrustMarkingBasicを提供。オンデマンドによる容易な紙文書のセキュリティー対策により、お客様のセキュリティー基盤の一段の強化を支援します。

情報漏えいを抑止・把握するしくみ

  • 注記文書の複製制限、デジタルコードの埋め込み機能、隠し文字の牽制効果は、常に機能することを保証するものではありません。原稿や設定条件によっては機能が有効に働かない場合があります。

隠し文字印刷でプリント文書の情報漏えいを抑止

ApeosWiz TrustMarkingBasicをユーザーのパソコンにインストールすることで、コピーすると浮き出す「隠し文字列」の含まれた文書のプリントが可能になります。プリンタードライバーと連動した簡単操作で、紙文書のセキュリティー対策が容易に行えます。

  • 注記ApeosWiz TrustMarkingBasicは有償ソフトウェアですが、ペーパーセキュリティー機能を除いた隠し印刷機能のみであれば当社公式ホームページよりダウンロードできる無償ソフトウェアApeosWiz TrustMarkingBasic Lightでご利用いただけます。
隠し文字印刷でプリント文書の情報漏えいを抑止

隠し印刷機能

プリント時に、「隠し文字」が含まれたプリントパターンを付加します。文書をコピーするとプリントパターンに隠された文字列が浮かび上がりますので、不正コピーを抑止する効果があります。また、原本とコピーとの区別が明確になるので、原本性の確保を必要とする業務に適しています。

隠し印刷機能

文字列のスタンプ機能

プリント時に指定した文字列を文書の背景に目で見えるように埋め込む機能です。隠し文字列は半角24文字(全角は12文字)×3行まで。指定された文字列は繰り返し印字されます。「禁複写」「VOID」などの固定文字列に加え、任意の文字列、ユーザー名、印刷日時、IPアドレス、UserID/ジョブオーナー名など出所を特定するための管理情報を各行に1項目ずつ埋め込めます。文書の責任管理を明確にすることで、不正コピー抑止効果が得られます。

スタンプ例

連番指定印刷

例えば50部出力時には1~50までの番号を「隠し文字」として自動的にプリントできます。

配付リスト指定印刷

あらかじめ作成した配布リストの情報に基づいて、氏名などの固有の「隠し文字」を配付先ごとに埋め込んだ文書を1回の指示で簡単にプリントできます。会議の配付資料など、配付先を特定する場合に有効です。

文字の傾き、フォント種別、フォントサイズ指定

文字の傾き、フォント種類、文字サイズは、それぞれ任意に指定できます。

文字傾き45°の例

複製後の浮き出し効果

隠し印刷をコピーしたときの効果を「文字列を浮き上がらせる」「文字列を白抜きにする」から選択できます。

複製後の浮き出し効果

背景パターン指定

背景は8種類のパターンから選択でき、色は黒、マゼンダ、シアンから、印刷の濃度も3段階より設定できます。

フッター機能

隠し印刷に指定した文字列や任意の文字列をフッターにもプリントできますので、埋め込まれた文字列を、容易に確認することができます。

デジタルコードの埋め込みにより不正複製を抑止。

従来の目で見て分かる「隠し文字」に加え、目で見て判別不可能な「複製制限コード」と「デジタルコード」を「デジタル情報」として文書に埋め込むのがペーパーセキュリティー機能です。出力履歴の分析なども行え、情報漏洩に対して更なる牽制・抑止効果が期待できます。

コピーやスキャンを制限する、「複製制限コード」注1 注2

コピー時やプリント時に、複製制限コードやジョブ情報といったデジタルコードを埋め込むことができます。複製制限コードが埋め込まれた原稿は、コピー、ファクス、スキャンが行えず、不正複製・配布を抑止します。

複製後の浮き出し効果

出力指示したパソコンを分析できる「デジタルコード」

ジョブの開始時刻日時、文書名、クライアントMACアドレスなどを、目で見て判読不可能な情報として文書に埋め込めます。万一、文書が流出した場合にはPaperSecurity Analyzer注3 で紙文書のデジタルコードを分析することで、「いつ」、「どの複合機・プリンター」で「どのパソコン」から出力したかなども把握できます。

隠し文字印字

「隠し文字」を埋め込むことで、ジョブ実行を制限できない複合機でも、白抜き文字を浮かび上がらせることでジョブ実行を抑止します。認証機能との連動により、文書コピー時にユーザーIDを隠し文字として強制的に印字することも可能。こうして埋め込まれた利用者情報から、ユーザーを特定することも容易です。

  • 注記文書の複製制限、デジタルコードの埋め込み機能、隠し文字の牽制効果は、常に機能することを保証するものではありません。原稿や設定条件によっては機能が有効に働かない場合があります。
  • 注1100%検知およびジョブ停止を保証するものではありません。
  • 注2オプションのペーパーセキュリティキットを装着した当社デジタル複合機のみの対応です。対応機種一覧をご確認ください。
  • 注3別売りソフトウェア。

DocuWorks文書との連携で、隠し文字設定が可能

DocuWorks文書の属性情報として、「印刷注1 する場合は、隠し印刷付きでのみ許可する」という設定注2 が付与できます。これにより、プリント後の情報漏えい抑止効果、および、オリジナルとコピー後の複製物との識別効果を保持させた状態でDocuWorks文書を生成できます。

  • 注記文書の複製制限、デジタルコードの埋め込み機能、隠し文字の牽制効果は、常に機能することを保証するものではありません。原稿や設定条件によっては機能が有効に働かない場合があります。
  • 注1印刷にはDocuWorks 8以降またはDocuWorks Viewer Light8以降とApeosWiz TrustMarkingBasicが必要です。
  • 注2隠し文字設定には、DocuWorks 8以降およびDocuWorks Plug-inが必要です。

パスワード設定

ApeosWiz TrustMarkingBasicで使用するプリンターの特定やその設定内容は、パスワードで管理できます。パソコンを複数の利用者で共有する場合に利用者が間違って設定を外したり、勝手に変更したりすることを防ぎます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ