富士フイルムビジネスイノベーション

ソフトウェア / クラウドサービス(文書管理)

DocuShare

「情報を管理する」から「資産として活用する」へ。企業の情報資産活用を実現するWebベースの文書管理・活用ソフトウェア。

特長

情報共有、共同作業、議論などをセキュアに実現。社内のコミュニケーション活動を効率的に支援します。

オブジェクトの変更をメール通知

オブジェクトが変更されると、あらかじめ指定してある宛先にオブジェクトのURLが書かれたメールが自動的に送られます。最新情報がタイムリーに入手できるので、情報の周知や展開を促進します。

オブジェクトの変更をメール通知

ドキュメントの回覧

ドキュメントを回覧し、承認・否認などの意思が確認できます。回覧者の指定など回覧のルールは画面上の「回覧用紙」で容易に設定でき、コメントを添えて自動的にメールで通知できます。「回覧用紙」の設定内容は登録が可能で、再利用ができます。

ドキュメントの回覧

スピーディーなサイト内検索

ドキュメントの属性による検索や全文検索が可能です。検索結果の要約表示も可能で、検索時間の短縮化につながります。簡易検索のほか、詳細検索では「検索範囲」「検索項目」「日時」など条件を詳細に絞り込んでの検索も行えます。一度設定した検索条件を「保存クエリー」として記憶できるので、繰り返し検索も容易です。

クイックサーチオプション注1

ドキュメントの種類ごとに、あらかじめ設定された検索項目を切替表示しますので、効率的に検索作業を行えます。

クイックサーチ画面

クイックサーチ画面

  • 注1オプション。

グループウェアとしての機能も充実

共同でコンテンツが作成できる「Wiki」

「Wiki」を使用した共同作業で、DocuShareサイト上にコンテンツが作成できます。追加・編集も容易で、特定のテーマに関する共同作業を支援します。企画書や提案書、研究結果など、プロジェクトの成果物をメンバーで作り上げていく場合に有効です。さらに、簡単にwebページを作成する機能を利用して、DocuShare上で管理されているドキュメントをユーザーに簡単に利用してもらえるようなポータルを構築することができます。

Wiki

Wiki

掲示板機能をもつ「ディスカッション」

特定のテーマについてメンバーで議論が進められます。掲示板形式で、議論の経過を時系列に遡って検証することもできます。

個人の情報発信が可能な「ブログ」

ユーザーはブログを開設し、情報発信できます。読み手との意見交換も容易で、社員同士のコミュニケーションも活発化。企業の情報展開の強化にも役立ちます。

複数の「予定表」を統合表示

個人の予定表に加え、メンバーの予定表、会社行事やグループミーティングの予定表などを統合表示できます。メンバー全員の予定がひと目で確認できるので、会議などの日程調整に役立ちます。

共有エリアとなる「ワークスペース」の設定

CPXユーザーは、メンバーの共有エリアである 「ワークスペース」が設定できます。情報収集や保存、参加メンバーの決定をプロジェクトリーダーのCPXユーザーが行い、「ワークスペース」上でメンバーが共同作業する、といった利用が可能です。「ワークスペース」には「コレクション」へのリンクや「ディスカッション」「スケジュール」なども用意されています。

目的に応じたワークスペース設定

部門単位やドキュメントの種類ごとの保管場所として利用できる「ドキュメント保存ワークスペース」と、プロジェクト単位やタスクでの情報共有・情報保管場所として利用できる「チームプロジェクトワークスペース」の、2種類から選択できます。

アクセス権の設定

ワークスペースでは、参加メンバーに対して、ユーザー単位ごとに、参照/閲覧のみ、オブジェクト登録、管理者などのアクセス権が設定できるので安心です。

お客様からの
お問い合わせ

DocuShare に関するお問い合わせを承っております。お気軽にお問い合わせください。

商標について

このページのトップへ