富士フイルムビジネスイノベーション

OpenGate® 特長

Input

OpenGateの全体概要

OpenGateの全体概要

  • 注1LPRのみ。
  • 注2FTPのみ。
  • 注3対応機種に制限があります。

多種多様な入力方式に対応。優れた拡張性により、さらに高度なシステム構築も可能

多種多様な運用形態を可能にする優れたモジュール設計

入力部(リーダー)、入力キュー、フィルター部、出力キュー、出力部(ライター)と、システム内部をモジュール設計。それぞれを組み合わせることによりさまざまな運用形態に合わせた設定が可能になります。たとえば、ネットワークから入力したデータを固有のフィルタリング後ディスクに書き込んだり、透過フィルター部を経由して各種プリンターへ出力するなど、入出力の多種多様な要求にお応えします。

カラーからモノクロまで多彩なプリンター群や複合機、FTPサーバーを最大256台まで登録可能

連帳機、プロダクションプリンター、複合機、オフィスプリンター、サーバーなど合わせて最大256台まで登録可能。入力キュー、出力キューは各々最大256の登録ができ、多くの運用パターンに活用できます。

機能開発により、インプットデータの加工などを実現

フィルターを使い、システム要求に応じたデータ加工・変換などの機能開発注1 ができます。入力キューで受けたデータに後工程で処理可能な制御コードなどを付加するソフトウェアを開発したり、入力データをプリンターの出力フォーマットに合わせて変換するなど高度なシステムを構築することができます。

ローカルディスクへの入出力が可能

OpenGateのローカルディスクに入力したデータは、自動的に入力キューに取り込まれます(Diskリーダー)。また、処理の終了したデータは、ローカルディスクのディレクトリーに書き出すことが可能です(Diskライター)。これらのリーダー、ライターは、同一システム内に共存させた転送ソフトウェアなどと連携させて、転送効率の優れたシステムを構築することができます。

業界標準Adobe® PostScript® 3TMに変換

OpenGateにスプールされたLCDSジョブを業界標準のAdobe® PostScript® 3TMに変換する機能をオプションで提供(LCDStoPSコンバーター)。これによりプロダクションプリンターと同等の出力をネットワーク上のオフィスプリンターに分散出力することができ、導入コストや運用コストの低減が図れます。ジョブの処理状態などもOpenGateから集中管理できるので、出力量の少ない拠点が複数ある場合などに適しています。また、カラーオーバーレイやカラー帳票にも対応可能。従来のモノクロ印刷に対して、フルカラーのドキュメントにより訴求力を高めます。

他社製プリンター注2 のデータもAdobe® PostScript® 3TM変換注3

入力データとして、SXデータ(SXAP / SXLP)に対応。他社プリンター用ジョブ注4 もAdobe® PostScript®データに変換でき、当社連帳機に出力可能。システムのオープン化に役立ちます。

  • 注1ソフトウェアベンダー商品との連携または、個別開発による機能提供が可能です。
  • 注2完全な互換性を保証するものではありません。事前検証が必要です。
  • 注3オプションのSXDStoPSコンバーターが必要です。
  • 注4キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社SXシリーズプリンター。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について