富士フイルムビジネスイノベーション

OpenGate® 特長

Solution

ホスト負荷の軽減をベースに、ご要望に沿った各種ソリューションを提供

Case 1:ジョブ管理

ジョブはOpenGateのスプールで一元管理し、再出力指示、データのバックアップなどの操作や、不要データの自動削除などの運用が可能。操作や指示は、Windows PCのWebUIから簡単に行えます。

ジョブ管理の図解

Case 2:マルチホストへの対応

OpenGateのスプーリングなら、メインフレームとサーバーなど異なる環境からの集中出力に効果的に対応。

マルチホストへの対応の図解

Case 3:Adobe® PostScript® 3TM変換1

センタープリンターで集中出力していたLCDSジョブを、Adobe® PostScript® 3TMに変換する機能をオプション提供(LCDStoPSコンバーター)。PostScript®に対応した複合機で、プロダクションプリンターと同等の出力が可能です。カラーオーバーレイにも対応可能ですので、見栄えのよいドキュメント作成ができます。

Adobe® PostScript® 3™変換1の図解

Case 4:Adobe® PostScript® 3TM変換2注1

他社プリンター用のジョブ注2 を、Adobe® PostScript® 3TMに変換する機能をオプション提供(SXDStoPSコンバーター)。PostScript®に対応した連帳機での出力が可能です。

Adobe® PostScript® 3™変換2の図解

Case 5:フィルター組み込み

OpenGateにフィルター注3 を組み込むことで、より柔軟にシステムを構築することができます。これまでプリントしていたジョブをデータ変換し、他のシステムで再利用することも可能です。

フィルター組み込みの図解

Case 6:ジョブ配信注4

拠点ごとに配置したプリンターの活用により、遠隔地にある拠点への配布処理の効率化を実現。ネットワークを使った配信により直接拠点で出力するので、納期を短縮したり、配布のための輸送コストを低減することができます。

ジョブ配信の図解

Case 7:プリント負荷分散・迂回

複数プリンターのプリント負荷を分散し、出力業務の効率化を図ります。さらに、プリンター障害時にはあらかじめ指定したプリンターに自動的に処理を移行しますので、出力を停止することなくジョブを継続することができます。

プリント負荷分散・迂回の図解

Case 8:VIPP変換

VIPPプロセッサー注5 は、ホストデータ(固定長)、CSVデータ、DBFデータを、定義に従った加工処理を施して、VIPPで処理可能なフォーマット(DBFフォーマットやVPCフォーマット)に変換する機能です。FreeFlow VI Suiteと連携させることにより、ホスト/サーバーからのデータをプリンター上のフォームリソース(イメージ・フォーム等)とダイナミックにマージ出力し、バリアブルプリントを実現します。

VIPP変換の図解

Case 9:ワークグループ管理

ワークグループに属するユーザーは、そのグループの範囲でのみジョブ操作や運用操作を行うことができます。

ワークグループ管理の図解

Case 10:出力帳票の管理保存

OpenGateジョブコピーフィルター注5 により、オペレーションの手間を増やさず出力帳票の鏡をアーカイブできる出力基盤を構築できます。1アクションでプリンターと、お客様所有のFTPサーバーやDocuShare注6 、または任意フォルダーへジョブを登録することができ、OpenGateの転送ファイル名編集機能により、転送ファイルに出力プリンター名と日付を付けることも可能です。

出力帳票の管理保存の図解
  • 注1SXシリーズプリンター用の資源をOpenGate、出力プリンターへ事前登録する必要があります。また、SXDStoPSコンバーターの使用については、事前検証が必要です。
  • 注2キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社SXシリーズプリンター。
  • 注3別途開発が必要です。
  • 注4自動仕分けプリントは個別機能開発が必要です。
  • 注5オプション
  • 注6DocuShareのバージョンについては当社担当営業にお問い合わせください。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について