富士フイルムビジネスイノベーション

便利(ネットワークサービス)

クラウド時代の多様な働き方や事業継続を支えるさまざまな機能をオールインワンでご提供します。

次世代インターネット接続「IPoE」やクラウド基盤への接続に標準で対応。

さらに、複数拠点間を接続して広域ネットワークを構築するVPNサービスや、テレワークを支援するリモートアクセスなど、便利なオプションをご用意しています。

beat/isp-IPoEサービス beat/isp-IPoEサービスワイド

beat/isp-IPoEサービス beat/isp-IPoEサービスワイドの概要図

IPoE接続に標準対応

beat/basic サービス・beat/branch サービスは、PPPoE方式に比べて大容量の帯域設計を有する「beat/isp-IPoE サービス フレッツ光対応」を標準で提供しています。

さらに快適な「ワイド」プランを用意

標準提供機能帯域設計をさらに大容量化し、Microsoft WindowsUpdateの通信データを別経路に迂回させる「ワイド」プランをオプションで用意。さらに快適で安定した通信品質を実現します。

beat/isp-IPoEサービス beat/isp-IPoEサービスの詳細はこちら

クラウド接続

クラウド接続の概要図

オフィスとクラウドサービスを安全にプライベート接続

自社運用のサーバーをクラウドサービスに移行した場合は、オフィスとクラウドサービスとの通信経路の安全性が重要になります。beat クラウド接続サービスでは、beat-boxとクラウドサービス間を暗号化するので、安全に接続することが可能になります。

構成変更時も自動設定

拠点の増加などによりネットワーク構成を変更した場合でも、beat-boxとクラウドサービスの間で経路情報のやりとりを行い、自動構成されるため、クラウド接続を再設定する必要はありません。

簡単な導入支援機能

Webブラウザーから必要な情報を入力するだけで、簡単にクラウドサービスに接続することが可能です。また、エンジニアに初期設定をご依頼いただける有償サービスもご用意しています。

クラウド接続の詳細はこちら

beat複数拠点接続サービス(beat/branchサービス beat/branch-liteサービス)

安心のセキュリティー

beat-nocと連携し、指定されたbeat-box同士でしか接続できないようにします。
通信経路が暗号化されるので、インターネット上でも安全な通信が可能です。

導入はおまかせ

新規導入時や拠点追加の際は、エンジニアが各拠点に訪問して設置します。
beat-boxは、beat-nocと連携して自動的に設定されるため、ネットワーク構成も簡単に変更できます。

beat複数拠点接続サービスの概要図

beat複数拠点接続サービスの詳細はこちら

beatリモートアクセスサービス

beatリモートアクセスサービスの概要図

高い安全性でリモートアクセスの通信を保護

オフィスから外部に持ち出すPCやモバイル端末は、あらかじめbeat-boxに登録する必要があります。オフィス内のサーバーなどの 情報資源には、登録された端末のみアクセスできます。通信は暗号化されますので、強固なセキュリティーでオフィスの外から安全にアクセスできます。

どこにいてもオフィスと同じ情報を活用可能

外出先や自宅など、インターネットが利用できる環境さえあれば、いつでもどこでもオフィスと 同じ環境で仕事ができます。店舗や現場事務所などの、 小規模拠点からのアクセスにもご利用いただけます。

接続アプリの図

PCやタブレットなどさまざまなOSに対応

対応OSはWindowsだけではなく、macOSやiOS、Androidにも対応しています。 外出先でタブレット端末やスマートフォンを利用して、オフィスの情報にアクセスすることが できます。

リモートアクセスの詳細はこちら

beat/ispサービス beat/isp-liteサービス

インターネットに接続するためのプロバイダーサービスです。
帯域制限のないbeat/isp サービスと、帯域制限を設けた低価格のbeat/isp-lite サービスから、お客様の用途に合わせてお選びいただけます。

beat/ispサービス beat/isp-liteサービスの詳細はこちら

※本サービスはbeat-box-miniで提供されるbeat/basic サービスまたはbeat/basic サービスⅡをご契約のお客様に適用される内容です。beat-box1~4で提供されるbeat/basic サービスをご利用中のお客様には適用されませんのでご注意ください。