富士フイルムビジネスイノベーション

設定手順について(beat-access LE Mac 3.0.0以降)

設定を行う前に以下の二点をご確認ください。

  • リモートアクセス権が付与されていること。
  • リモートアクセスをご利用になるPCにbeat-access LEがインストールされていること。

リモートアクセス権は、beat-box責任者のみが権限を変更することができます。リモートアクセス権が付与されていない場合は、beat-box責任者に権限を変更してもらうように依頼してください。
PCのネットワーク環境により、beat-access LEの「接続のセットアップ」はウィザードの進行に違いがあります。
環境に応じてそれぞれの手順を参照してください。

beat-boxと通信可能な場合

オフィスなどのbeat-boxと通信可能な環境では、すべてのステップがウィザードを進行している中で処理されるため、beat設定ページをブラウザーから操作する必要はありません。

  1. 「アプリケーション」フォルダ内のbeat-access LEアイコンをダブルクリックしてbeat-access LEを起動します。

    手順1

  2. 初めてアプリを起動した場合、使用許諾が表示されます。
    内容を一読いただき、同意いただける場合は[同意する]ボタンをクリックします。

    手順2

  3. beat-access LEとインフォメーションのウィンドウが表示されます。
    インフォメーションをご一読のうえ、[OK]ボタンをクリックします。

    手順3-1

    手順3-2

  4. [セットアップ]メニューの[接続のセットアップ]をクリックして、「接続のセットアップ」画面を表示します。
    インストール後にセットアップ操作を一度もしていない場合は、beat-access LEの起動と同時に自動で表示されます。

    手順4

  5. ラジオボタンをクリックして、「職場などのbeat-boxのあるネットワークに接続している。」を選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

    手順5

  6. beat-boxの検索が開始されます。検索中は以下のように表示されます。

    手順6

  7. 次のウィンドウが表示されたら、見つかったbeat-boxの情報を確認します。
    確認が完了したらラジオボタンをクリックして、「このbeat-boxの接続定義ファイルを取得する」を選択します。
    [次へ]ボタンをクリックしてください。
    手順7

    【別のbeat-boxを指定する場合やbeat-boxが見つからなかった場合】
    接続したいbeat-boxのIPアドレスを、直接、IPアドレス入力欄に入力し、[次へ]ボタンをクリックしてください。
    接続したいbeat-boxがみつからない場合は、[戻る]ボタンをクリックして「ネットワークの確認」画面に戻り、下記の「beat-boxと通信できない場合」の手順を参照してください。


  8. リモートアクセスを利用する利用者のログインIDとパスワードを入力し、[次へ]ボタンをクリックします。
    手順8-1

    【発行済みの接続定義ファイルが存在する場合】
    発行済みの接続定義ファイルが存在する場合は、次のウィンドウが表示されます。
    手順8-2
    接続定義ファイルは1人につき2つまでしか発行することができません。
    既に発行済みの接続定義ファイルが2つある場合は、1つもしくは2つを無効にしてください。
    無効にする接続定義ファイルのチェック欄をチェックしたうえで[次へ]ボタンをクリックします。

    既に発行された接続定義ファイルが1つだけの場合は、無効にしなくても次へ進むことができます。

  9. 次のウィンドウが表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。

    手順9

以上で、リモートアクセスを利用するための初期設定は完了です。

beat-boxと通信できない場合

自宅や出張先などのbeat-boxと通信できない環境では、beat-boxにアクセスできないため、全てのステップをウィザードの中で処理することができません。
そのため、beat-boxと通信可能な環境にいるbeat-box責任者と、メールなどでやりとりする必要があります。

STEP1: 「PC環境キーファイル」を取得します。

  1. 「アプリケーション」フォルダ内のbeat-access LEアイコンをダブルクリックしてbeat-access LEを起動します。

    手順1

  2. 初めてアプリを起動した場合、使用許諾が表示されます。
    内容を一読いただき、同意いただける場合は[同意する]ボタンをクリックします。

    手順2

  3. beat-access LEとインフォメーションのウィンドウが表示されます。
    インフォメーションをご一読のうえ、[OK]ボタンをクリックします。

    手順3-1

    手順3-2

  4. [セットアップ]メニューの[接続のセットアップ]をクリックして、「接続のセットアップ」画面を表示します。
    インストール後にセットアップ操作を一度もしていない場合は、beat-access LEの起動と同時に自動で表示されます。

    手順4

  5. ラジオボタンをクリックして、「自宅または出張外出先などのbeat-boxのないネットワークに接続している。」を選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

    手順5

  6. 次のウィンドウが表示されたら、「PC環境キーファイル」のリンクをクリックし、デスクトップなど任意の場所にPC環境キーファイルを保存します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

    手順6

  7. 次のウィンドウが表示されたら、内容を確認のうえ、[完了]ボタンをクリックします。

    手順7

続いて、STEP2でPC環境キーファイルを登録し、接続定義ファイルを発行してください。

【PC環境キーファイルの送付について】

次のSTEP2にて接続定義ファイルを発行するためには、beat設定ページにアクセスできる環境と、STEP1で取得したPC環境キーファイルが必要です。

オフィスなど、beat設定ページにアクセスできる環境であれば、STEP1に引き続き利用者自身で発行することが可能ですが、自宅や出張先などの出先で設定をする場合は、beat設定ページにアクセスできるbeat-box責任者に操作を依頼してください。
その際は、beat-box責任者宛てにメールなどでPC環境キーファイルを送付してください。

STEP2: 「接続定義ファイル」を発行します。

接続定義ファイルを発行するには、beat設定ページにアクセスし、PC環境キーファイルを登録する必要があります。
接続定義ファイルには、利用者の情報、接続に利用するPCの情報、接続先のbeat-boxの情報が定義されています。
操作手順については、ご利用のbeatサービスのヘルプにアクセスして以下のページを参照してください。

beat/basicをご利用の方
[トップページ > リモートアクセス > 設定手順について > 接続のセットアップ > 接続定義ファイルの発行]
または
[トップページ > オプションサービス等 > リモートアクセス > 操作手順について > 接続のセットアップ > 接続定義ファイルの発行]

beat/activeをご利用の方
[トップページ > オプションサービス等 > リモートアクセス > 操作手順について > 接続のセットアップ > 接続定義ファイルの発行]

beat/soloをご利用の方
[トップページ > オプションサービス > リモートアクセス > 操作手順について > 接続のセットアップ > 接続定義ファイルの発行]

beat/entryをご利用の方
[トップページ > オプションサービス等 > リモートアクセス > 操作手順について > 接続定義ファイルの発行]

STEP3: 「接続定義ファイル」を取り込み、接続先を追加します。

STEP2にて、beat-box責任者が操作を行った場合は、実際にリモートアクセスを利用する利用者(PC)にメールなどで接続定義ファイルを送付したことを確認してください。

リモートアクセスを利用するPCで接続先beat-boxの情報を登録します。
登録には、以下の2つの方法があります。どちらかの方法で登録を行ってください。

  • 接続定義ファイルをダブルクリックして接続先を追加する。
  • beat-access LEを起動して接続先を追加する。

【接続定義ファイルをダブルクリックして接続先を追加する】

  1. PCに保存した接続定義ファイルをダブルクリックします。

    手順1

  2. beat-access LEが起動し、次のウィンドウが表示されます。
    [OK]ボタンをクリックします。

    手順2

  3. 接続先が追加されたことを確認して、[閉じる]ボタンをクリックします。

    手順3

以上で、リモートアクセスを利用するための初期設定は完了です。

【beat-access LEを起動して接続先を追加する】

  1. 「アプリケーション」フォルダ内のbeat-access LEアイコンをダブルクリックしてbeat-access LEを起動します。

    手順1

  2. [セットアップ]メニューの[接続先の管理]をクリックします。

    手順2

  3. [接続先の管理]ウィンドウで、[追加]ボタンをクリックします。
    (接続先は最大20個まで)

    手順3

  4. 接続定義ファイルをクリックして選択し、[開く]ボタンをクリックします。手順4
    ※ 接続先を追加した後は、接続定義ファイルは不要ですので、ファイルを削除しても構いません。

  5. 接続先が追加されたことを確認して、[閉じる]ボタンをクリックします。

    手順5

以上で、リモートアクセスを利用するための初期設定は完了です。

 

接続と切断手順の詳細については、以下のリンクを参照してください。

接続と切断(beat-access LE Mac 3.0.0以降)

 

ご不明な点は、beat コンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

beat コンタクトセンター