富士フイルムビジネスイノベーション

接続と切断(beat-access LE Mac 2.0.11以前)

接続方法

※ リモートアクセスを利用するには、インターネット接続環境が必要です。

  1. PCをインターネットに接続します。LAN環境下にあるPCでは、特に作業は必要ありません。
  2. 「アプリケーション」フォルダ内のbeat-access LEアイコンをダブルクリックしてbeat-access LEを起動します。

    手順2

  3. [ログインID]欄にbeat-boxのログインIDを、[パスワード]欄にbeat-boxのパスワードを入力し、[接続]ボタンをクリックします。

    手順3-1


    【拡張機能が有効化されていない場合】
    拡張機能が有効化されていない場合、エラーメッセージが表示され、リモートアクセスの接続ができません。
    手順3-2
    このエラーを解決するには、ご利用になっているクライアントPCで署名を許可していただく必要があります。
    詳細な手順については、下記の「拡張機能の有効化について」を参照してください。

  4. 接続が完了したら、次のウィンドウが表示されます。確認のうえ、[OK]ボタンをクリックしてください。

    【初回の接続】

    手順4-1

    【2回目以降の接続】

    手順4-2

以上で、リモートアクセスの接続は完了です。
リモートアクセスで接続して、各種サービスを利用できます。

切断方法

  1. beat-access LEウィンドウが表示されていない場合、ドック内の beat-access LEアイコン(デフォルトの設定は画面の下辺)をクリックし、beat-access LEウィンドウを表示します。

    手順1

  2. beat-access LEウィンドウで[切断]ボタンをクリックします。

    手順2

以上で、リモートアクセスの切断は完了です。

拡張機能の有効化について

拡張機能が有効化されていない場合、リモートアクセスの接続ができません。
接続するためには、ご利用になっているクライアントPCで署名を許可していただく必要があります。

  1. アップルメニューより[システム環境設定]をクリックします。

    手順1

  2. システム環境設定の画面が表示されたら、[セキュリティとプライバシー]をクリックします。

    手順2

  3. セキュリティとプライバシーの設定画面が表示されます。
    画面の左下にあるカギマークをクリックします。

    手順3

  4. 設定の変更には管理者権限が必要です。
    次のウィンドウが表示された場合は、お使いのMacに登録されたユーザー名とパスワードを入力し、[ロックを解除]ボタンをクリックします。

    手順4

  5. [許可]ボタンをクリックして、開発元のシステムソフトウェアの読み込みを許可します。

    手順5

以上で、拡張機能の有効化は完了です。
再度、beat-access LEの接続をお試しください。

 

ご不明な点は、beat コンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

beat コンタクトセンター