富士フイルムビジネスイノベーション

知識への取り組み

富士フイルムビジネスイノベーションの「知識」への取組みの歴史は長く、1992、93年、富士フイルムビジネスイノベーションが開催したトップ・フォーラムに、野中郁次郎教授やピーター・ドラッカー教授をお招きしたことにまでさかのぼります。

その後もグローバル・リーダーズ・フォーラムやゼロックス・エクゼクティブ・フォーラムの開催を通じて、企業トップの皆様と共に「知識経営」について考えていく"場"を提供してまいりました。

野中教授がリードされ毎年開催される「UCBナレッジ・フォーラム」では、世界中 から知識研究者、学者、エグゼクティブが集結し、最先端の研究成果が発表されています。