富士フイルムビジネスイノベーション

製薬企業におけるドキュメント運用環境の改善支援

課題

製薬企業における業務は、多くの場合ドキュメントを主体として進められています。それは、法律や規制要件に対応するのみならず、医薬品や医療用機器の研究開発過程で得られる情報や医療施設などから寄せられる情報が企業にとって大切な資産であり、これらの情報を見える形に表し利益の源泉としていくためにほかなりません。

私たち富士フイルムビジネスイノベーショングループは、ドキュメントのライフサイクルに着目して、多くの製薬企業共通の経営課題である、「経営効率の向上」、「グローバル事業基盤の強化」、「パイプラインの一層の充実と強化」をご支援申し上げます。

解決の方法

キャプションキャプション

これまでの案件対応実績から、ドキュメントにかかわる業務の多くは製薬企業の社員各位でなくても対応可能な付帯業務であると考えられます。

私たちは、ドキュメントにかかわる業務の実施状況を調査し、お客様の経営課題やご要望に応じて、アウトソーシングの活用など様々な形式でドキュメント運用環境の改善を進めてまいります。

効果

キャプションキャプション

ドキュメントに着目して業務実施状況を把握し、ドキュメントに係る付帯業務をアウトソーシングしたりコンピューター・システムによる機械化を進めたりすることで、社員の皆様の生産性は大きく向上します。就労人口の減少や海外型キャリアパスを指向した転職者の増加、共同開発やコ‐プロモーション等による関連各位の多様化、グローバルでのドキュメント運用等、ドキュメントの利用環境が変化するなかで、私たちは法律および規制要件の改訂並びに技術革新情報をキャッチアップし、重要な企業遺産であるドキュメントの運用を長期間にわたりグローバルにご支援申し上げます。

商品構成

ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ