富士フイルムビジネスイノベーション

オフィスプリンターの「コンビニバーコード出力」対応

オフィスプリンターの「コンビニバーコード出力」対応

印刷精度が求められるコンビニバーコード出力に対応

対象者

流通・サービス業のお客様

特長

印刷精度の高いDocuPrintでコンビニバーコードを出力

価格

お問い合わせください

お困りごと

高い精度が求められるコンビニバーコードを出力したい

  • 料金回収の手間を削減するために、コンビニの料金代理収納を活用したい
  • コンビニバーコードをいれた請求書を自社内で出力して、コスト削減したい

コンビニの料金代理収納用の請求書を出力したい

  • 精度の高いコンビニバーコードを請求書にプリントしたい
  • コンビニバーコードに適した印刷機能をもつプリンターを使用したい

解決策

そんな場合は、印刷精度の高いDocuPrintで解決

  1. 高品質印刷で、公共料金等代理収納GS1-128バーコードを印刷
  2. 公共料金等代理収納に適した「バーコードモード」を搭載

公共料金等代理収納GS1-128(旧称 UCC/EAN128)対応(以下コンビニバーコード)印刷について

コンビニエンスストアで読み取りが可能なバーコードを生成するには、バーコード生成ソフトや用紙、プリンターなど様々な要素の組み合わせが影響します。 プリンターにおいては、バーコードの印字方向や運用方法などに留意してご利用いただくことが、安定した印字品質を保持する基礎となります。

「標準料金代理収納ガイドライン注1」によるとコンビニバーコードは、44桁分の情報を60mm以下の幅に印刷しなければなりません。そのため、従来のJANコードに比べて印刷結果に関する許容誤差が非常に小さくなっています。一般にプリンターの印刷結果は理論値に対して多少の誤差を持っていますが、その誤差がJANコードでは問題のない値であったとしても、コンビニバーコードの場合は読み取りに致命的な影響を与える可能性があります。

レーザープリンターの印刷結果は、多くの場合、理論値に対して太くなる特性があります。線のエッジも必ずしも正確な直線とはなっていません。さらに、印刷時の環境で濃度も多少変化します。また、図2の通り、バーコードの読み取り精度に関与する条件は、プリンターの他にも複数あります。このため、コンビニバーコードの出力可否を判断するには、お客様個別の出力条件を把握し、十分な事前テストを行う(バーコードの印刷品質を確認する)ことが重要です。

  • 注1 (財)流通システム開発センター発行「UCC/EAN128による標準料金代理収納ガイドライン」

まずはお気軽にご相談ください。

御社に最適なソリューションをご提案いたします。

相談する

このソリューションをチェックした方は
こんなソリューションもご覧になっています。

継続的な顧客関係を築く来店促進(クラウド型CRM連携)

詳細へ

クラウド型CRMとクロスメディアを活用した販売促進ソリューション

詳細へ

セブン‐イレブンのコピー機によるネットプリントサービス

詳細へ

ソリューション一覧