富士フイルムビジネスイノベーション

人手不足解消ソリューション

人手不足解消ソリューション

少子高齢化が進み、人口減少社会に突入している現在、業界・業種を問わず人手不足となっています。ペーパーレス化や業務効率アップを推進する各種ソリューションや、定型業務を自動化するRPA導入支援、システムの見直しによる業務フロー改善支援などで、業務負荷の低減と生産性向上を実現します。

人手不足に関するよくある悩み

ファクスでの注文書受付など、紙と人手に頼らざるを得ない業務がある

ファクス文書を電子化して振り分け、ペーパーレス化と業務効率化、人的リソースの最適化を同時に実現します。

RPA導入を検討したいが、何から手をつければいいかわからない

標準化すべき定型業務の選定から改善効果予測までお伝えし、スムーズな導入をサポートします。

各種機器が連携していないため、全体の業務フローが見通せず人手不足解消策が構築できない

各種システムと柔軟に連携し、最適化したワークフロー管理が実現するシステム統合基盤をご提案できます。

人手不足解消ソリューションの必要性とは

日本は人口減少社会に突入しています。国土交通省が取りまとめた「国土の長期展望」によれば、人口がピークだった2004年には1億2,784万人だったのが、30年後の2050年には1億人を割り込む9,515万人、2100年には4,771万人と、ピーク時の約3分の1まで落ち込むと推計されています。

人口減少の最大の要因は、出生数の低下です。厚生労働省の人口動態推計によれば、2016年には1899年に統計を開始してから初めて100万人を割り込みました。2019年には推計より2年も早く90万人を割り、86万4,000人となっています。一方で高齢化は加速度的に進み、2019年9月時点で28.4%。2050年には39.6%まで到達すると推計されています(前出・国土交通省「国土の長期展望」より)。

少子高齢化が進むことで、生産年齢人口(15~64歳)は減少します。総務省が発表した2018年10月時点の生産年齢人口は約7,545万人。ピーク時の1995年には約8,716万人だったため、四半世紀で1,171万人も減りました。今後も減少傾向は続くと予測されており、業種・業態に関わらず人手不足が深刻化するのは間違いないでしょう。事業の持続的可能性を確保するためには、人的リソースの最適化に対応したワークフローの確立が不可欠なのです。

人手不足解消を実現させることは、ワークフローの最適化も意味します。ひとつひとつの工程を見直すことで業務の属人化を防ぎ、平準化を促すこととなるため、長時間労働を是正し「働き方改革」の推進効果が期待できます。結果、コスト削減や社内マネジメントのスリム化にもつながります。また、定型業務を自動化することで、より重要な業務にリソースを振り向けることも可能となります。

※出典元:国土交通省 国土審議会政策部会長期展望委員会の「国土の長期展望 中間とりまとめ 概要」(2011年2月21日)
※出典元:厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計の年間推計」
※出典元:総務省統計局「人口推計(2018年(平成30年)10月1日現在)」

富士フイルムビジネスイノベーションの人手不足解消ソリューションの特徴

業務プロセスの標準化

  • 申請書や報告書を電子化することで、データ化する際の煩雑な手入力によるミスの頻発を抑制。手入力に人的リソースを割くことなく、迅速かつ効率的な対応が可能となります。
  • 滞留や配布の手間がかかるファクス受信文書を電子化。ペーパーレスを実現するとともに、作業工程を大幅に削減でき、1人あたりの対応量が拡大できます。
  • 定型作業・パターン作業を自動化できるRPA導入をサポート。ヒューマンエラーを低減させるとともに、人的リソース最適化と業務効率化を同時に実現します。

モバイルワーク・情報共有

  • セキュリティが保たれたクラウド型ストレージの活用で、社外からのアクセスもパートナー会社との資料共有も容易になり、アシスタントの負荷を軽減できます。
  • 各種文書を電子化・一元管理することで、紙文書の受け渡しでかかっていた手間やリードタイムが大幅に減らせるほか、対応の迅速化を図ることができます。

作業の効率化

  • 基幹システムで対応できない注文書など、ファイリングや仕分けの必要もある紙文書を電子化。目的のドキュメントが瞬時に探し出せるので工数も手間も大幅に削減できます。
  • 面倒な業務マニュアルや社内規程文書の作成は、効率的な版管理や履歴管理のアドバイスや導入前後の教育までサポート。社内リソースを割く必要がなくなります。

全体最適化

  • 各種システムと柔軟に連携するシステム統合基盤の活用で、基幹データやドキュメントを含めたワークフロー管理が実現。人員配置を最適化し、ガバナンスも強化できます。
  • オフィス機器の台数最適化と文書の電子化を組み合わせたソリューションで、TCO(総保有コスト)の削減と業務効率の向上を促します。

富士フイルムビジネスイノベーションが提供するソリューション

導入後の効果・実績

ダイキンエアテクノ株式会社 様

北陸銀行 様