富士フイルムビジネスイノベーション

脆弱性対応状況


対象となるMicrosoft社公開脆弱性について(2006年以前)

対応要否の対象となるMicrosoft社公開の脆弱性のうち、2006年以前の情報は以下のとおりです。
最新の脆弱性情報は、こちらを参照してください。

MS情報番号 脆弱性の内容 関連情報
MS06-078 Windows Media® Format の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-077 リモート インストール サービス (RIS) の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-076 Outlook® Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-075 Windows® の脆弱性により、特権が昇格される Microsoft社の関連情報
MS06-074 SNMP の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-073 Visual Studio® 2005 の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-072 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-071 Microsoft® XML コアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-070 Workstation サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-069 Adobe® の Macromedia® Flash® Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-068 Microsoft® エージェントの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-067 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-066 NetWare 用クライアント サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-065 Windows® オブジェクト パッケージャの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-064 TCP/IP IPv6 の脆弱性により、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS06-063 Server サービスの脆弱性により、サービス拒否およびリモートでのコードの実行が起こる Microsoft社の関連情報
MS06-062 Microsoft® Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-061 Microsoft® XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-060 Microsoft® Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-059 Microsoft® Excel® の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-058 Microsoft® PowerPoint® の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-057 Windows® Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-056 ASP.NET 2.0 の脆弱性により、情報漏えいが起こる Microsoft社の関連情報
MS06-055 Vector Markup Language の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-054 Microsoft® Publisher の脆弱性により、リモート コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-053 インデックス サービスの脆弱性により、クロスサイト スクリプティングが行われる Microsoft社の関連情報
MS06-052 Pragmatic General Multicast (PGM) の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-051 Windows® カーネルの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-050 Microsoft® Windows® ハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-049 Windows® カーネルの脆弱性により、特権が昇格される Microsoft社の関連情報
MS06-048 Microsoft® Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-047 Microsoft® Visual Basic® for Applications (VBA) の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-046 HTML ヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-045 Windows® エクスプローラ の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-044 Microsoft® 管理コンソール (MMC) の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-043 Microsoft® Windows® の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-042 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-041 DNS 解決の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-040 Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-039 Microsoft® Office フィルタの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-038 Microsoft® Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-037 Microsoft® Excel® の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-036 DHCP クライアント サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-035 Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-034 Active Server Pages を使用した Internet Information Services (IIS) の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-033 ASP.NET の脆弱性により、情報漏えいが起こる Microsoft社の関連情報
MS06-032 TCP/IP の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-031 RPC の相互認証の脆弱性により、なりすましが行なわれる Microsoft社の関連情報
MS06-030 サーバー メッセージ ブロックの脆弱性により、特権が昇格される Microsoft社の関連情報
MS06-029 Outlook® Web Access を実行する Microsoft® Exchange Server の脆弱性により、スクリプト インジェクションが起こる Microsoft社の関連情報
MS06-028 Microsoft® PowerPoint® の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-027 Microsoft® Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-026 Graphics Rendering Engine の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-025 ルーティングとリモート アクセスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-024 Windows Media® Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-023 Microsoft® JScript の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-022 ART の画像表示の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-021 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-020 Adobe® の Macromedia® Flash® Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-019 Microsoft® Exchange の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-018 Microsoft® Distributed Transaction Coordinator (MSDTC) の脆弱性によりサービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS06-017 Microsoft® FrontPage® Server Extensions の脆弱性により、クロスサイトスクリプティングが起こる Microsoft社の関連情報
MS06-016 Outlook® Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-015 Windows® エクスプローラの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-014 Microsoft® Data Access Components(MDAC)の機能の脆弱性により、コードが実行される可能性がある Microsoft社の関連情報
MS06-013 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-012 Microsoft® Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-011 制限の少ない Windows® サービスの DACL により、特権が昇格される Microsoft社の関連情報
MS06-010 PowerPoint® 2000 の脆弱性により、情報漏えいが起こる可能性がある Microsoft社の関連情報
MS06-009 韓国語版 Input Method Editor の脆弱性により、特権が昇格される Microsoft社の関連情報
MS06-008 WebClient サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-007 TCP/IP の脆弱性により、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS06-006 Windows Media® Player プラグインの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-005 Windows Media® Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-004 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS06-003 Microsoft® Outlook® および Microsoft® Exchange の TNEF デコードの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-002 埋め込み Web フォントの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS06-001 Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある Microsoft社の関連情報
MS05-055 Windows® カーネルの脆弱性により、特権が昇格される Microsoft社の関連情報
MS05-054 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-053 Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある Microsoft社の関連情報
MS05-052 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-051 MSDTC および COM+ の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-050 DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-049 Windows® シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-048 Microsoft® Collaboration Data Objects の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-047 プラグ アンド プレイの脆弱性により、リモートでコードが実行され、ローカルで特権の昇格が行なわれる Microsoft社の関連情報
MS05-046 NetWare 用クライアント サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-045 ネットワーク接続マネージャの脆弱性により、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS05-044 Windows® FTP クライアントの脆弱性により、ファイルの転送場所が改ざんされる Microsoft社の関連情報
MS05-043 印刷スプーラの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-042 Kerberos の脆弱性により、サービス拒否、情報の漏えいおよびなりすましが行なわれる Microsoft社の関連情報
MS05-041 リモート デスクトップ プロトコルの脆弱性により、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS05-040 テレフォニー サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-039 プラグ アンド プレイ の脆弱性により、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行なわれる Microsoft社の関連情報
MS05-038 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-037 JView プロファイラの脆弱性によりリモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-036 マイクロソフト カラー管理モジュールの脆弱性によりリモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-035 Microsoft® Word の脆弱性によりリモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-034 ISA Server 2000 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-033 Telnet クライアントの脆弱性により、情報漏えいが起こる Microsoft社の関連情報
MS05-032 Microsoft® エージェントの脆弱性により、なりすましが行なわれる Microsoft社の関連情報
MS05-031 ステップ バイ ステップの対話型トレーニングの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-030 Outlook® Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-029 Exchange Server 5.5 の Outlook® Web Access の脆弱性により、クロスサイト スクリプティング攻撃が行なわれる Microsoft社の関連情報
MS05-028 WebClient サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-027 サーバー メッセージ ブロックの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-026 HTML ヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-025 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-024 「Web の表示」の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-023 Microsoft® Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-022 MSN® Messenger の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-021 Exchange Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-020 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-019 TCP/IP の脆弱性により、リモートでコードが実行され、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS05-018 Windows® Kernel の脆弱性により、特権の昇格およびサービス拒否がおこる Microsoft社の関連情報
MS05-017 メッセージ キューの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-016 Windows® シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-015 ハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-014 Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS05-013 DHTML 編集コンポーネントのActive X コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-012 OLE および COM の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-011 サーバーメッセージブロックの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-010 ライセンスログサービスの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-009 PNG 処理の脆弱性により、バッファオーバーランが起こる Microsoft社の関連情報
MS05-008 Windows® シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-007 Windows® の脆弱性により、情報漏えいが起こる Microsoft社の関連情報
MS05-006 Windows® SharePoint® Services および SharePoint® Team Services の脆弱性により、クロスサイト スクリプティングおよびなりすましの攻撃が行なわれる Microsoft社の関連情報
MS05-005 Microsoft® Office XP の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-004 ASP.NET パス検証の脆弱性 Microsoft社の関連情報
MS05-003 インデックスサービスの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-002 カーソルおよびアイコンのフォーマットの処理の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS05-001 HTMLヘルプの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-045 WINSの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-044 Windows® カーネルおよび LSASS の脆弱性により、特権の昇格が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-043 ハイパーターミナルの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-042 DHCPの脆弱性により、リモートでコードが実行され、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-041 WordPadの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-040 Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-039 ISA Server 2000およびProxy Server 2.0の脆弱性により、インターネットコンテンツのなりすましが行なわれる Microsoft社の関連情報
MS04-038 Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-037 Windows® シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-036 NNTPの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-035 SMTPの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-034 圧縮(zip 形式)フォルダの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-033 Microsoft® Excel®の脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-032 Microsoft® Windows® のセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-031 NetDDEの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-030 WebDAV XML Messageハンドラの脆弱性によりサービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-029 RPCランタイムライブラリの脆弱性により、情報漏えいおよびサービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-028 JPEG処理(GDI+)のバッファオーバーランにより、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-027 WordPerfectコンバータの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-026 Exchange Server 5.5 Outlook® Web Accessの脆弱性により、クロスサイト スクリプティングと詐称による攻撃が実行される Microsoft社の関連情報
MS04-025 Internet Explorer用の累積的なセキュリティ修正プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-024 Windows® シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-023 HTMLヘルプの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-022 タスクスケジューラの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-021 Internet Information Server 4.0のセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-020 POSIXの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-019 ユーティリティマネージャの脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-018 Outlook® Express用の累積的なセキュリティ更新プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-017 Crystal Reports Web Viewerの脆弱性により、情報の漏えいおよびサービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-016 DirectPlay® の脆弱性により、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-015 「ヘルプとサポートセンター」の脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-014 Microsoft® Jetデータベース エンジンの脆弱性によりコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-013 Outlook® Express用の累積的な修正プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-012 Microsoft® RPC/DCOM用の累積的な修正プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-011 Microsoft® Windows® のセキュリティ修正プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-010 MSN® Messengerの脆弱性により、情報が漏えいする Microsoft社の関連情報
MS04-009 Outlook® の脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-008 Windows Media® サービスの脆弱性により、サービス拒否が起こる Microsoft社の関連情報
MS04-007 ASN .1の脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-006 Windows® インターネットネームサービス(WINS)の脆弱性により、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-005 Virtual PC for Mac の脆弱性により、権限が昇格する Microsoft社の関連情報
MS04-004 Internet Explorer用の累積的なセキュリティ修正プログラム Microsoft社の関連情報
MS04-003 MDAC機能のバッファオーバーランにより、コードが実行される Microsoft社の関連情報
MS04-002 Exchange Server 2003の脆弱性により、権限が昇格する Microsoft社の関連情報
MS04-001 Microsoft® Internet Security and Acceleration Server 2000 H.323フィルタの脆弱性により、リモートでコードが実行される Microsoft社の関連情報
MS03-051 Microsoft® FrontPage® Server Extensionsのバッファオーバーラン Microsoft社の関連情報
MS03-050 Microsoft® WordおよびMicrosoft® Excel®の脆弱性 Microsoft社の関連情報
MS03-049 Workstationサービスのバッファオーバーラン Microsoft社の関連情報
MS03-048 Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新 Microsoft社の関連情報
MS03-047 Exchange Server 5.5 Outlook® Web Accessの脆弱性 Microsoft社の関連情報
MS03-046 Exchange Serverの脆弱性 Microsoft社の関連情報
MS03-045 リストボックスおよびコンボボックスのコントロールのバッファオーバーラン Microsoft社の関連情報
MS03-044 Windows® の「ヘルプとサポート」のバッファオーバーラン Microsoft社の関連情報
MS03-043 メッセンジャ サービスのバッファオーバーラン Microsoft社の関連情報
MS03-042 Windows® トラブルシュータ ActiveX® コントロールのバッファオーバーフロー Microsoft社の関連情報
MS03-041 Authenticode® の検証の脆弱性 Microsoft社の関連情報
MS03-040 Internet Explorer用の累積的な修正プログラム Microsoft社の関連情報

ここまで本文