動画ライブラリー

防災・減災対応

罹災証明発行迅速化に向けた取り組み

ー全国に先駆けた防災・減災DXプロジェクトー
災害発生後、1件ごとの住家被害認定調査を経て交付される罹災証明書は、調査プロセスのほとんどがアナログであるため、発行までに多大な時間を要することが課題とされています。
富士フイルムシステムサービスでは、調査に係る工数や期間の削減(50%以上)に取り組んでおり、富士フイルムが有する画像・AI技術を活かし、ドローンや衛星から取得した画像に位置情報と各行政データを組み合わせ、被害状況の把握ならびに適正な調査実行計画の立案を実現することで、調査の生産性を飛躍的に向上、被災者の迅速な生活再建に貢献いたします。

視聴を申し込む

共同出展:JX通信社 AIリスク情報配信サービス「FASTALERT」ご紹介

近年、SNS(FacebookやTwitter等)を用いて現場に居合わせた人々の投稿を活用し、任意の事象を捉えるサービスがさまざまな領域にて利用されています。
FASTALERT(ファストアラート)は、報道機関、行政、BCP導入民間企業に選ばれる正確性・速報性・信頼性に優れたSaaS型防災テックサービスです。 平時より随時可視化される災害・事故情報に加え、災害時のいち早い第一報の収集が可能になります。
ドローンや衛星などのリモートセンシングのみならず、ビックデータを活用し、被災判定情報と組み合わせることで、頻発する平時の事象から散発する有事まで、随時情報の可視化を実現します。これからの行政の危機管理において必須といえるサービスです。

視聴を申し込む

共同出展:Realglobe社
ドローン映像等の遠隔情報共有システム「Hec-Eye」ご紹介

Society5.0に代表されるテクノロジーであるドローンは、プラントやインフラの点検、物流、農林水産業での活用に加え、災害現場での活用が進んでいます。
一方で、高精度な撮影画像を現場と遠隔地(本部等)でリアルタイムに情報共有したり、地図上にわかりやすく可視化したりするためには、専門機材、システムや高速通信網の確保が必要なため、情報利用にかかる手間とコストが課題です。
「Hec-Eye」は、地図上にドローンの映像とセンサー情報をリアルタイムで伝送するサービスです。
この仕組みを活用してドローン映像から被災状況判定(スクリーニング)を行うことで、住家の被害認定における調査計画策定が可能となります。

視聴を申し込む

共同出展:Realglobe社
熊本県南小国町防災訓練(令和元年度)での「Hec-Eye」活用による情報収集・情報管理

 

視聴を申し込む

デジタル窓口

事前申請システム紹介動画

手続きナビゲーション機能や事前情報取込機能により「書かない」「触れない」「案内漏れのない」窓口を実現する事前申請システムをご紹介いたします。

視聴を申し込む

異動受付支援システム紹介動画

自治体様窓口のデジタル化に向けて、書かせない窓口を実現します。「住民サービス向上」 と正確性の向上による事務負担軽減の両面を実現する異動受付支援システムをご紹介いたします。

視聴を申し込む

【導入事例】東京都渋谷区様 運用事例編

東京都渋谷区様では、区民の利便性向上と職員の生産性向上を目的として異動受付支援システムを導入されました。
「書かせない・待たせない・移動させない窓口」を実現するための運用事例や導入後の効果についてご紹介いたします。

視聴を申し込む

【導入事例】東京都渋谷区様 政策立案編

東京都渋谷区様では、異動受付支援システムを導入し、住民異動業務において、住民サービスの向上と事務負担軽減の両立を実現する業務改革を実行されています。これら取組みを、政策立案の側面よりご紹介いたします。

視聴を申し込む