富士フイルムビジネスイノベーション購買取引方針

購買取引についての基本的考え方

  1. 当社は、優れた物品およびサービスを経済合理性に基づき選択し、購入します。購買取引にかかわる決定は、購買部門が他部門から独立して行います。
  2. 当社は、関連法規を順守し、社会に貢献する良き市民としての役割を果たすと共に、購買取引にあたって資源保護、環境保全などにも配慮します。
  3. 当社は、購買取引の機会を国内外に開放し、担当部門を外部に明示するなど購買取引は公正で理解しやすい簡素な手続で行います。

購買取引の原則

  1. 当社は、購買取引先となることを希望する企業等の資格審査を、当該企業等の実績、信頼性、技術力その他必要と思われる項目の評価に基づいて行います。
  2. 当社は、個々の購買取引について、仕様・品質・性能などの属性、納期・価格などの提供条件、企業などの信頼性・技術開発力など、総合的に判断し決定します。
  3. 当社は、購買取引を原則として文書による契約に基づいて行います。また継続的取引は基本契約書を締結し、それに基づいて行います。
  4. 当社は、継続的、反復的な取引の定期的な見直しを行い、購買取引を希望する企業などの新規参入の機会に配慮します。
  5. 当社は、購買取引を通して知り得た取引先情報は厳格に管理し、機密の保持に努めます。
  6. 当社は、物品およびサービスの取引を直接の目的とする相互購買は原則として行いません。
  7. 当社は、明らかに発注の意志のない見積りの依頼をしません。また入札あるいは競争見積などを行った場合、購買取引先に決定しなかった企業などに対し、要望があれば、合理的かつ可能な範囲でその理由を明らかにします。
  8. 当社は、第三者や取引先の知的財産権を尊重し、これらを侵害するような購買取引は行いません。