地域貢献

富士フイルム九州は、事業活動を通じて地域経済の発展に貢献していくとともに、地域社会の「環境保全」や「文化の振興」にも積極的に取り組んでいます。

地下水保全活動

熊本県は、1,000カ所以上の湧き水があり、環境省が選ぶ「名水百選」に全国最多の8カ所が選ばれるなど、「水の都」として知られています。富士フイルム九州は、地下水かん養林や、かん養田の推進のほか、雨水を生産工程で再利用するなど地下水保全に取り組んでいます。これらの地下水保全活動は各所で高く評価され、2016年に公益財団法人くまもと地下水財団の「地下水保全顕彰制度」で最優秀賞グランプリ、2017年に熊本県の「くまもと環境賞・くまもと水の国賞」、2018年に国土交通省の「水資源功績者表彰」を受賞しています。

水源かん養林整備

熊本県内の、阿蘇山につらなる11市町村の水道水源となる地下水。このもととなるのが、阿蘇山麓一帯の白川上流域に降る雨や、白川中流域の水田から取り込まれる水です。土壌に染み込み、長い時間をかけてろ過され、地下水の層を作り上げています。

この地下水を守ることを目的に、富士フイルム九州は、南阿蘇村と地元森林組合の協力を得て、水源かん養林の植林・整備を進めています。「富士フイルム光の森林(もり)」と名付けられ、2007年から2022年の15年をかけ、南阿蘇村の5.24haの敷地に約13,000本のコナラやヤマモミジ、ヤマザクラを植樹しています。

[画像]FUJIFILM 光の森林 看板

光と色をコントロールする技術を追求していることから命名

[画像]植樹活動の様子

富士フイルム九州の従業員も植樹活動に汗を流しました

[画像]水源かん養林

現在の水源かん養林。木々も成長しています

[画像]かん養林から望む阿蘇山

かん養林から望む阿蘇山

森林吸収量とは、森林が吸収する二酸化炭素量のことです。熊本県では「森林吸収量認証制度(2010年4月施行)」を制定し、企業の森林整備や保全活動の二酸化炭素吸収量を認証しています。富士フイルム九州は、南阿蘇の水源かん養林の植栽活動や森林整備、下刈り支援といった継続的な森林保全活動が評価を受け、2011年第一号の認証書を交付されました。初回認証以降も毎年継続して認証を受け続け、2020年10月には10年連続の認証となりました。2020年度は、年間62.43トンの森林吸収量が認証されました。

[画像]2020年10月に行われた交付式の様子

2020年10月に行われた交付式の様子

地下水かん養田

富士フイルム九州では、地域の方々と地元の豊かな生活環境を守るべく、人的交流や自然環境保全に積極的に取り組んできました。その一環として2010年から、地下水かん養を目的に、地元農家の米作りを支援する活動をしています。

富士フイルム九州の所在地である菊陽町、熊本市を含めた阿蘇山に連なる11市町村は、約100万人分の水道水資源を地下水で賄う、日本で唯一、世界でも稀な水の都です。

熊本の人々をうるおしている地下水。豊かな地下水が保持できた理由のひとつが、阿蘇山麓から菊陽町に広がる白川中流域の水田にあります。この一帯の水田は「ザル田」と呼ばれるほど水の浸透率が高く、他の地域の10倍とも言われています。この水田を入口に、大量の水が浸透、地下水に供給されます。

しかし近年、残念ながら地下水の水位が下がってきているのとの報告があり、その原因として都市開発による宅地化や農家の後継者不足による水田面積の減少があげられています。

富士フイルム九州は、この地域で事業活動を行う企業の責務として、地元農家の協力を得ながら、菊陽町の水田を利用した地下水かん養を実施し、熊本県の宝である地下水の保全に努めています。また、従業員やその家族が田植え、稲刈りに参加して、地下水かん養や自然環境保全の大切さを学ぶことで、社内における環境意識の維持向上につながっています。

[画像]春の田植え

春の田植え。この田んぼから水が浸透、地下水へと変わります

[画像]従業員と家族で稲刈りにも取り組んでいます

従業員と家族で稲刈りにも取り組んでいます

さくら祭り

富士フイルム九州では、地域のみなさまの理解と協力への感謝を表すとともに、地域との絆を深めることを目的とした「さくら祭り」を例年開催しています*1。桜の開花時期に合わせ、工場敷地の一部分を一般開放し、会場には従業員や近隣商工会による模擬店などが並び、ステージでは地元団体のパフォーマンスや従業員によるゲームなどがおこなわれます。また、会場を回るスタンプラリーやガラポン抽選会、満開の桜をスケッチできる用具の貸し出し、絵本の読み聞かせなど多彩な企画もあり、幅広い年齢の方々に楽しんでいただいています。「さくら祭り」は、従業員が中心となり作り上げる「地域との交流の場」として、富士フイルム九州を知っていただく良い機会にもなっています。

  • *1 2020年、2021年は新型コロナウイルス感染症の影響に伴い開催中止
[画像]工場敷地内のステージの様子

工場敷地内のステージでは、さまざまなパフォーマンスを披露

[画像]満開の桜

満開の桜のもと、多くの方が訪れます

「さくら祭り」は、新型コロナウイルス感染症防止のため、2020年、2021年と2年連続で開催を中止しました。せめて構内の桜を地域の方に楽しんでもらおうと、2021年3月末、ソメイヨシノの満開のタイミングに合わせて構内を一般開放しました。期間中は約300名の方にお越しいただき、中には満開の桜の下で、ランドセルを背負った新一年生の記念写真を撮られるご家族もいらしたりと、なごやかな春の風景が広がっていました。実は構内の約50本のソメイヨシノは、ほとんどが富士フイルム九州建設以前に植樹され、地域の方々に長く愛されてきたものです。来場された地域の方からは「ゆっくりと桜を見られてよかった」「桜を大事にしてくれてありがとう」といったうれしいお声もいただきました。

[画像]構内の桜を見学する来場者

構内の桜を見学する来場者。ソーシャルディスタンスの確保を依頼するなど、コロナ感染症防止対策も

[画像]満開の桜の下で記念撮影する新一年生

満開の桜の下で記念撮影する新一年生

富士フイルム九州は、経済産業省主催の「令和2年度緑化優良工場等表彰」において「経済産業大臣賞」を受賞しました。これは緑化活動を通して工場内外の環境向上に功績があった工場・団体・個人を表彰するもので、1982年に創設されました。

富士フイルム九州は26万m2の敷地中、6万m2が緑地。周囲の環境と調和を図るため、桜などを計画的に植林しています。2020年の受賞は、これらの取り組みを評価されての受賞です。ちなみに2017年には同賞の「九州産業局長賞表彰」「日本緑化センター会長表彰」をダブル受賞しており、2020年はこれより更にステップアップした受賞になります。

[画像]「経済産業大臣賞」を受賞した、2020年の表彰式の様子

「経済産業大臣賞」を受賞した、2020年の表彰式の様子

[画像]構内には約50本のソメイヨシノが植樹されています

構内には約50本のソメイヨシノが植樹されています

[画像]春めき桜

花びらの色がほんのり濃く、香りが良いのが特徴です

富士フイルム創業の地である神奈川県・足柄工場建設に深く関わった第2代社長の春木榮氏が亡くなった際、偲ぶ意味を込めて南足柄市の狩野川沿いに「足柄桜」と呼ばれる桜が植えられました。「足柄桜」は、“春めき”という品種名の桜で、ソメイヨシノより少し早めの3月上旬ごろに満開となります。

富士フイルム九州では、この“春めき”を熊本の地でも広めたいと、2006年から工場周辺に植樹をスタートしました。ひと足先に春を告げる花として、近隣住民のみなさまに親しまれています。

公共温泉施設への熱供給事業

富士フイルム九州では、工場内の自家発電装置から発生する蒸気の一部で温水を作り、それを隣接する公共温泉施設「さんさんの湯」へ加温用の熱として提供しています。この取り組みにより、蒸気エネルギーの有効活用を図っています。

[画像]温泉施設「さんさんの湯」への加熱用の熱を提供しています
[画像]多目的施設「さんふれあ」

温泉施設「さんさんの湯」がある、多目的施設「さんふれあ」

「南阿蘇えほんのくに」にパートナーとして参加

南阿蘇一帯の雄大な自然から生まれる芸術的感性を、絵本をキーワードに取り上げ、そこから新しい文化・観光・自然環境保全を創造しようと、2006年に設立された「南阿蘇えほんのくに」。富士フイルム九州は、潮谷義子知事(当時)の立ち会いのもと、パートナー第1号として「えほんのくに平和条約*2」に調印、2021年まで15年にわたって運営全般への協力・支援を行ってきました。また、その間、「Photoえほん」の展示会やワークショップ開催など、写真文化を守り育てる活動にも取り組みました。この支援に対して、2021年3月31日、南阿蘇えほんのくにから富士フイルム九州へ感謝状が贈られました。

  • *2 南阿蘇えほんの国が、活動の目的に賛同して参加する各種団体・企業などと対等に自主的なパートナーシップを約束する、独自に制定した契約
[画像]地元阿蘇を題材にした絵本

地元阿蘇を題材にした絵本も

[画像]感謝状