海老澤 弘明

HIROAKI EBISAWA

海老澤 弘明 需要のピークを見極め、システム面から安定稼働をを支える。

NETWORK
2012年入社
理系(情報系)大学院卒

業務内容

皆で協力し、システムの安定稼働を目指す

【写真】海老澤 弘明

皆さんが日頃目にするWebサイト。こうしたWebサイトをストレスなく閲覧するためには、アプリケーションだけでなく、ネットワークやサーバー、セキュリティといったITインフラと呼ばれる基盤を安定的に稼働させる必要があります。私は現在、年賀状や写真プリントのWebサイトのITインフラ構築、運用を担当しています。

これらのシステムは安定的に稼働することが当たり前と思われていますが、そのためには苦労も少なくありません。年賀状印刷のWebサイトを例に取るなら、年末に一気に需要が高まることでサーバーにも大きな負荷がかかります。もしサーバーがダウンしてしまえばユーザーの不満も高まりますし、ビジネスとしても大きな損失が出ることになります。ピークを予測して準備をし、システムを安定的に稼働できたときはホッとすると同時に達成感も大きいですね。他部門だけでなくグループ会社とも協力して臨むので、一体感が持てる点もこの仕事の魅力です。

この会社に決めた理由

高い技術力と社風

大学院で情報工学について学んだこともあり、ソフトウエア開発に興味を持っていました。富士フイルムグループは技術を重視する社風であり、この会社もソフトウエア開発に関して高い技術力を有しています。その点に惹かれて入社を希望しました。

入社後はソフトウエア開発を担当するつもりだったのですが、新入社員研修時に聞いたITインフラ、セキュリティという業務に興味を持ち、今の部署を志望。研究開発拠点の社内システムやネットワークの運用、グループ会社のITインフラの構築などに取り組んできました。そして入社6年目の2017年に現在の業務に異動となりました。

異動する前に担当していた社内向けITインフラにおいてももちろん安定稼働は重要でしたが、異動後は社外向けの商用サービスということもあり、今まで以上にシステムの安定性に気を配るようになりました。けれども、それを乗り越えられたときのやりがいも今まで以上だと思っています。

メッセージ

AIなど、今まで以上に広がる活躍の舞台

富士フイルム自体は化学系の企業であり、これからの社会で求められる技術を数多く有しています。その中で当社は、それら技術をソフトウエアの面から支えていくことになるわけです。そうした中で近年注目を集めているのがAIやIoTの技術。そこにはソフトウエアやシステム開発の技術が不可欠であり、当社が果たす役割も自ずと大きくなっています。

このAIやIoTに限らず、当社が手がけるのはかなり専門的な分野ですが、研修制度がしっかりしているのでプログラミングなどの経験がない人でも不安はないと思います。入社後半年にわたる研修が終わっても、年次の近い先輩社員がメンターとして3年間もサポートしてくれます。これだけ長い期間のしっかりとしたサポート制度は、他社にはなかなかないことだと思います。私は今年度からメンターとして新人社員をサポートする側を担当していますが、指導する側になって初めて教える苦労が理解できました。その後も多くの技術共有会や各種研修の機会があるので、やる気があればいくらでも成長できる環境です。

【写真】仕事風景01
【写真】仕事風景02

一日の業務の流れ

9:00 ~ 9:30

出社、メールチェック、スケジュール確認

9:30 ~ 10:00

チームメンバーの進捗管理

10:00 ~ 12:00

新規システムのインフラ設計

12:00 ~ 13:00

昼食

13:00 ~ 14:00

チーム例会

14:00 ~ 16:00

外出

16:00 ~ 18:00

グループ会社にて新規システムの打ち合わせ

18:00

退社

Our Product

フジフイルムモール

カメラや写真用品などを直販するWebサイト。
デジタルカメラからチェキ、レンズ、フィルムやアクセサリーまでカメラに関する品々を幅広く提供しています。

【写真】フジフイルムモール