前渕 啓材

HIROKI MAEBUCHI

前渕 啓材 様々な視点で考え、良い製品を作っていきたい。

GRAPHIC
2013年入社
理系(情報系)大学院卒

業務内容

お客さま視点のユーザーインターフェース開発

【写真】前渕 啓材

私は大型のインクジェットデジタル印刷機「Jet Press」の新規ユーザーインターフェース(UI)開発を担当しています。新規開発は大きな責任が伴う仕事ではありますが、自分たちで一から設計・実装したものが製品としてできあがっていくことにやりがいを感じています。

開発者として仕事をしていると、システムをエンジニアとしての視点で見てしまいがちになりますが、使用するのはお客さまです。そのため、UIの開発には「お客さま視点」が欠かせません。テレビの設定画面や電車の券売機など、日常生活でもUIに目を光らせ、お客さまにとって使いやすいUIの開発に日々努めています。また、チームリーダーや他部署の知見者によるレビューでも、自分では気付かなかった様々な視点からの指摘や先を見越した指摘をいただくことがあり、非常に勉強になります。今後もより良い製品を作れるよう、いろいろな視点で物事をとらえ、自身の成長にも繋げていきたいです。

この会社に決めた理由

幅広い事業領域での「ものづくり」

高校時代にプログラミングを学ぶ機会があり、それをきっかけにソフトウエアに興味を持ちました。大学では主に画像処理について学んでいたのですが、自分が思った通りにシステムが動くことにおもしろみを感じて、この業界で就職したいと思うようになりました。

富士フイルムグループは事業分野も幅広く、当社はその中でさまざまな分野のソフトウエア開発を通じて「ものづくり」をしていると知り、その可能性に魅力を感じました。また、就職活動時に接した社員の人柄にも惹かれ、それが後押しとなって入社を決意しました。今は、もともと興味を持っていた組込みソフトウエアの開発に携わることができ、楽しみながら仕事に取り組んでいます。

メッセージ

社員全員で若手を育てる風土

新入社員を一人前のシステムエンジニアに育てる環境が整っていることは、当社の魅力のひとつだと思います。教育制度が整っているだけでなく、若手を育てていこうという「風土」があります。入社から3年間は1人ひとりの新入社員に指導担当が付き、さまざまな指導をしてくれるのですが、3年を過ぎた現在でも指導担当との関係性はずっと続いており、私にとって指導担当は今も目標となる存在です。

また、所属する部署の先輩だけでなく、他部署の社員と業務について話す機会もたくさんあります。社内全体で行う技術交流会は、各部署が持っている技術を共有する場となっており、新たな発見ができる機会となっています。

成長できるかどうかはもちろん自分次第ではありますが、成長するために必要な環境は整っていると感じています。

【写真】仕事風景01
【写真】仕事風景02

一日の業務の流れ

8:10 ~ 8:30

出社、メール確認

8:30 ~ 9:30

チームメンバーの進捗管理、その日の予定の確認

9:30 ~ 12:00

プログラムの実装

12:00 ~ 13:00

昼食

13:00 ~ 14:00

システムバージョンアップ計画について打ち合わせ

14:00 ~ 16:00

他部署を含めたコードレビュー

16:00 ~ 17:00

部署内の勉強会

17:00 ~ 20:00

プログラムの実装

20:00

退社

Our Product

インクジェットデジタル印刷機「Jet Press」

「Jet Press」は、印刷・出版業界で使われる、大型のインクジェットデジタル印刷機。優れた印刷品質、スピード、操作性を持ち、印刷に新たな付加価値を提供しています。

【写真】インクジェットデジタル印刷機「Jet Press」