松浦 秀行

HIDEYUKI MATSUURA

松浦 秀行 「誰も見たことがな製品の開発」にチャレンジしたい。

MEDICAL
2015年入社
理系(情報系)大学院卒

業務内容

さまざまな要望を実現し、医療に貢献

【写真】松浦 秀行

私が担当している製品は、統合検査レポート管理システム「SYNAPSE Result Manager」という、レントゲンやCTなどの画像の診断結果レポート作成を支援する、放射線診断医向けのシステムです。私はこの製品のカスタマイズ開発を担当しています。具体的には「放射線診断医不在の病院のため、遠隔読影依頼機能をつけてほしい」「他社システムと連携するためのインターフェースを作成してほしい」などの依頼があり、その病院に特化したものから汎用的なものまで、様々な要望に応えています。要望を実現していく中で、「もっとこうしたほうが使いやすいのではないか」と自ら提案することもあり、初めて自分の提案が標準機能として採用された時は、とても嬉しかったです。

私の部署では新たな製品も開発しているのですが、他社に真似できない製品開発にチャレンジしている姿を見て、日々刺激を受けています。私もこれからは、既存の製品の付加価値向上にとどまらず、世にまだない製品を開発し、新たな付加価値を生み出していきたいです。

この会社に決めた理由

面接で感じた、職場の雰囲気

医療という「人が生きていく上で、切っても切れない分野」に興味を持ち、大学では医療情報学を専攻し、就職活動も医療メーカーを中心に行っていました。その中でも、技術営業やサービスエンジニアではなく、自分自身が「ものづくり」できる会社を探し、当社を見つけました。

当社の面接を受けた時に印象的だったことは、ありきたりな質問に答えるだけでなく、本当にいろいろな話ができ、「傾聴」してもらえたことです。面接の最後には「他に話したいことはありますか?」と聞かれ、「もうありません」と答えるほど、自分の想いを十分に伝えることができました。そして「この人たちと一緒に仕事をしたい」と強く思い、入社を決めました。入社後はもともと希望していた医療に関わる業務に携わることができ、充実した毎日を送っています。

メッセージ

実際に見て、感じた印象を大切にしてほしい

就職先は、人生の大半を過ごす場所になるかもしれません。仕事の内容だけでなく、自分の目で見て、身体で感じたことを大切にして、自分に合った一社を見つけてください。私は面接時の雰囲気を重視しましたが、当社の面接で感じた「自分の意見を聞いてもらえる働きやすい環境」という印象は、入社後の今も変わっていません。自分がずっと働く場所ですから、面接の中でもそうした雰囲気を感じとることは、とても重要だと思います。

【写真】仕事風景01
【写真】仕事風景02

一日の業務の流れ

9:00 ~ 9:30

出社、メールや作業内容の確認

9:30 ~ 12:00

設計書や仕様書の作成

12:00 ~ 13:00

昼食

13:00 ~ 14:00

プログラムの実装

14:00 ~ 16:00

製品の販売を担当するグループ会社と打ち合わせ

16:00 ~ 18:00

プロジェクトリーダーに打ち合わせ内容について報告

18:00

退社

Our Product

統合検査レポート管理システム「SYNAPSE Result Manager」

「読影医」と呼ばれる、放射線診断医向けのシステム。医用画像(レントゲンやCTなど)の画像診断や、その結果のレポート(報告書)作成を支援し、ワークフローを大幅に効率化します。

【写真】