吉原 桂一

KEIICHI YOSHIHARA

吉原 桂一 あらゆるリスクを想定し、システムを裏から支えることが重要

IMAGING
2006年入社
情報工学専攻修了

業務内容

目立つことよりも、安定性に面白みを感じる

【写真】吉原 桂一

イメージング事業の部署で、フォトブックや年賀状などをネットで注文するWebシステム「ネットプリント」の開発を担当しています。たとえば年賀状印刷であれば年末に一気に注文がくるわけですが、そうしたサーバーに負荷がかかるような状況でもシステムがダウンしないように対策を考えるといったことが主な業務です。またネットプリントではさまざまなサービスを行っていますが、同じような機能は内部でまとめることで、システムへの負担を抑えるといったことも行っています。入社した頃は、技術的に目立つような仕事がしたいと思っていましたが、どんな独創的なサービスでもシステムが整って「使いやすい」ものでないと意味がありません。障害の可能性を一つひとつ洗い出して対策を施し、お客様にストレスなくサービスを使っていただくことが、今のやりがいになっています。

この会社に決めた理由

面接でも感じられた自由な雰囲気

学生時代は情報工学を専攻し、画像認識や音声認識について研究していました。まだウェアラブルといった言葉もありませんでしたが、記憶を拡張して外部ストレージに保存するといったことを中心に取り組んでいました。大学院修了後もそうした分野で何か面白いことに取り組みたいと思い、就職活動を開始。その中で出会ったのが富士フイルムソフトウエアでした。当時は会社の規模も今ほど大きくはなく、ベンチャー企業のような雰囲気と、富士フイルムグループならではの安定性を併せ持っている点に魅力を感じたことを覚えています。入社から10年以上が経って会社も大きくなりましたが、当時から変わっていないのが社員の人柄です。就職活動の説明会で出会った社員の人柄が非常に良かっただけでなく、面接で接した役員や社長との会話からも自由な雰囲気が垣間見え、それが入社の決め手になりました。

メッセージ

「プログラムが書ける」だけでは通用しない

システム開発などを志望する学生の皆さんは、大学在学中にプログラムを書いた経験があるのではないかと思います。自分もそうだったのですが、実際に社会に出てみると「プログラムを上手く書ける」だけでは通用しないんですね。大切なのはプログラミングの知識や技術と同時に、そのシステムで起こるさまざまな可能性をイメージし、それらへの対応ができること。この会社では入社後に長期にわたる研修がありますが、その研修に参加したことで、他者と意見を交換しながら目標に向けてものごとを進めていくことを学べました。このように仕事の全体像を見ながら、キャッチボールをするように仕事を進められる人が向いていると思いますし、一緒に働きたいですね。

【写真】仕事風景01
【写真】仕事風景02

一日の業務の流れ

9:00 ~ 9:30

出社、メール確認

9:30 ~ 11:00

技術調査、検証

11:00 ~ 12:00

関連部門とのミーティング

12:00 ~ 13:00

昼食

13:00 ~ 13:30

プロジェクト週次報告

13:30 ~ 15:30

技術調査、検証

15:30 ~ 16:30

東京ミッドタウンの富士フイルム本社へ移動

16:30 ~ 18:30

次期案件打合せ

18:30

退社

Our Product

ネットプリントサービス

インターネットから写真プリントなど多彩な製品を注文するWEBシステム。
画像解析・自動画像レイアウトなどの技術を活用し、写真やフォトブックなど通年扱っているものから、年賀状など季節が限られるものまで、数多くの製品を提供しています。

【写真】ネットプリントサービス