画像診断

画像診断は、何らかの画像を基に診断あるいは治療のための医療情報を得る診断法です。
画像診断にはいろいろな方法があります。
それぞれの方法にはいろいろな特徴や長所があり、それが医療の場で活用されています。

SPECT検査

核医学検査による画像の特長は、放射性医薬品が目的とする細胞だけに取り込まれる、あるいは代謝の状態の情報を機能画像として高感度に検出できる点です。

X線-CT

体の外からX線をあて、特定位置の吸収値を計算して断面像を再構成し組織の検査に用いる方法です。解剖学的な精度に優れます。

MRI

体に磁場をかけ、体の構成成分である水素などの原子の回転運動の変化を計算して断面像を再構成し、組織の検査に用いる方法です。解剖学的な精度に優れます。

超音波

体の外から高周波の音波をあて、その反射信号(エコー)を計算して組織の画像を再構成し、検査に用いる方法です。
放射線などを用いず簡便で迅速に検査が可能です。