環境保全への努力

当社は製薬企業としての社会的責任を考え、環境憲章や環境方針を定め、全社一丸となって環境にやさしい企業をめざしています。

千葉工場は、千葉県の銘木山武杉(サンブスギ)に囲まれて位置し、周辺環境から緑化管理に心がけており、関東通商産業局から1995年に「緑化優良工場」として認定されました。

当社の製品用ダンボール箱、ユニフォーム・名刺などの用品はできる限り再生品を利用しています

当社から排出される産業廃棄物や一般廃棄物は、リサイクルできるものはできる限りリサイクルに心がけ、廃棄するものは仕分けを明確にして専門業者に引き渡しています。

当社の生産工程で生ずる放射性廃棄物は、法にのっとった方法で専門業者に引き渡しており、通常の廃棄物とは区別して管理しています。

当社の生産工程で生ずる放射性の排水は、濃度によって厳密に管理し、法にのっとった方法で処理しています。

当社の排水は工場にある浄化槽で浄化処理をしており、最終的に浄化処理した水は連続してTOC(全有機炭素)やpHを測定し、鯉を飼育している観察池を経由して川へ放流しています。また、万一を考慮して放射能測定をしております。

[写真]千葉工場全景

千葉工場全景

[写真]放射性廃棄物の引き出し

放射性廃棄物の引き出し

[写真]観察池

観察池