ペメトレキセド点滴静注液における特許権に関する謹告掲載のお知らせ

重要なお知らせ

2021年3月10日

このニュースリリースは、報道機関向けに発信している情報です。

富士フイルム富山化学株式会社

富士フイルム富山化学株式会社(本社:東京都中央区/社長:岡田 淳二、以下 富士フイルム富山化学)は、本日付け発行の日刊薬業に、ペメトレキセド点滴静注液における特許権について「謹告」を掲載しましたので、お知らせいたします。

富士フイルム富山化学は、2021年2月15日に代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤のペメトレキセド点滴静注液100mg/500mg「トーワ」(以下、「本剤」)の製造販売承認を取得しました。本剤は、2件の特許権(特許第6099810号、及び特許第6313317号)により保護されております。また、ペメトレキセド点滴静注液に関する3件の特許権(特許第6099557号、特許第6120766号、及び特許第6352476号)も存続しております。

従いまして、前記特許権の存続期間内に、前記特許権で保護されているペメトレキセド点滴静注液を、製造又は販売(申し出を含む)する行為は、前記特許権を侵害することになります。

ペメトレキセド点滴静注液の販売を予定・計画されている企業におかれましては、格段のご配慮をしていただきたく、2021年3月10日付の日刊薬業において、「謹告」を掲載いたしました。

富士フイルム富山化学は、高付加価値な医薬品の開発・製造・販売を通じて、医療のさらなる発展に貢献していきます。

以上

参考資料

日刊薬業に出稿した内容

謹    告
ペメトレキセド点滴静注液に関する特許権について

富士フイルム富山化学株式会社(以下、「当社」)は、2021年2月15日にペメトレキセド点滴静注液100mg/500mg「トーワ」の製造販売承認を取得しております。
当社のペメトレキセド点滴静注液は、特許第6099810号、及び特許第6313317号の特許権により保護されており、その他、特許第6099557号、特許第6120766号、及び特許第6352476号の特許権も存続しております。
従いまして、前記特許権の存続期間内に、前記特許権で保護されているペメトレキセド点滴静注液を、製造又は販売(申し出を含む)する行為は、前記特許権を侵害することとなります。
ペメトレキセド点滴静注液の販売を予定・計画されている企業におかれましては格段のご配慮をして戴きますようお願い申し上げます。

2021年3月10日
富士フイルム富山化学株式会社
東京都中央区京橋2-14-1 兼松ビルディング

お問い合わせ

富士フイルム富山化学株式会社 総務部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。