富士フイルムVETシステムズと東京都獣医師会
小笠原諸島、御蔵島での保護猫の健康管理を連携してサポート

ニュースリリース

2022年4月18日

富士フイルムVETシステムズ株式会社(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:藤原 清隆)は、東京都獣医師会(所在地:東京都港区、会長:村中 志朗)が運営する保護猫事業において、健康管理のサポートを開始いたします。当社が本事業をサポートする目的は、動物病院に対して血液検査サービスを通じて援助を行うほか、保護猫が一定の健康基準を満たしていることを確認する支援を行うことで、新しいご家族を見つける一助になることです。

小笠原諸島や御蔵島などの東京都の離島には、希少な海鳥が生息している一方で、一部地域ではその生息数が少なくなっていることがわかっています。海鳥の生息数減少の理由としては、もともと島内にいなかった猫が人為的に島内に持ち込まれたのちに野生化し、海鳥を捕食していることが原因の1つと考えらえています*1*2。そこで東京都獣医師会を中心として、島内の野生化した猫を保護し、動物病院で適切な処置・健康管理を行った上で、保護猫が新しいご家族のもとで第2の人(にゃん)生を過ごせるような活動が行われています。

富士フイルムVETシステムズは、本事業で保護猫の健康管理において、希望される動物病院に対して血液検査サービスをサポートいたします。血液検査は一般的な生化学検査、血球計算に加え、一部の感染症検査も実施可能です。本サポートで、新しいご家族が安心して保護猫を受け入れることができるような環境づくりに貢献することで、人と動物のより良い共生社会の構築を目指します。

  • *1 堀越和夫ら(2020)「小笠原諸島父島における外来ネコ対策後のアカガシラカラスバトの個体数増加」『日本鳥学会誌』69巻 1号 p.3-18
  • *2 森林総合研究所 2020年12月8日プレスリリースより

お問い合わせ

富士フイルムVETシステムズ株式会社

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。