3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント) Ver.6.1」 新発売

AI技術(ディープラーニング)を活用して設計したアプリケーションを新たに搭載

MRI画像から脳区域を自動で抽出し、各区域の体積の経時的変化を可視化する脳区域解析など

ニュースリリース

2020年8月18日

このニュースリリースは、報道機関向けに発信している情報です。

富士フイルムメディカル株式会社(社長:川原 芳博)は、CT・MRIなどの断層画像から高精度な3D画像を描出するボリュームアナライザー「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」の最新バージョンとして「SYNAPSE VINCENT Ver.6.1」を、8月18日に発売します。

「SYNAPSE VINCENT」は、CTやMRIなどの断層画像から高精度な3D画像を描出し、解析を行う3D画像解析システムです。 2008年に心臓・肝臓解析機能を中心としたシステムとして発売して以来、呼吸器、頭部、泌尿器など、解析機能の適応領域を順次拡大し、2018年には膝関節など整形外科領域の解析も可能になりました。 「SYNAPSE VINCENT」は、多様化する医療現場のニーズに対応した3D画像解析システムとして、診断や治療の場で広く活用されています。

今回提供を開始する「SYNAPSE VINCENT Ver.6.1」には、富士フイルムが「REiLI(レイリ)」というブランド名称で展開しているAI技術(ディープラーニング)を活用して設計したアプリケーションを搭載しました。 特長的な3つの新機能は以下の通りです。

(1)膵臓自動抽出機能*1

腹腔鏡を用いた手術シミュレーションの際、図中の矢印に示した膵臓と周囲の血管や臓器との位置関係が明瞭に描出されています。

肝胆膵外科・消化器外科の高いニーズに応え、抽出が難しいとされる膵臓のセグメンテーションが可能です。
従来は手動かつ熟練度に依存していましたが、AI技術を活用し設計したセグメンテーション機能で、膵臓と周囲の血管や臓器との位置関係を明瞭に抽出することができます。これにより、肝胆膵領域の術前シミュレーションの幅が広がります。

(2)MRI腰神経*2抽出機能

CTの骨画像とMRIの腰神経画像をフュージョンすることで、相互の位置関係が確認できます。

MRIの画像から自動で腰神経のみを抽出でき、CTの骨画像とMRIの腰神経をフュージョンすることで、骨と神経の位置関係が確認できます。
例えば腰椎すべり症*3の手術においては、骨と神経の位置関係を把握し適切な手術方法の選択に役立てることができます。

(3)脳区域*4解析機能

分離した脳区域を可視化し、各領域の体積を定量化できます。

MRI画像から解剖学的に一意に決まっている区域(15区域)を自動で抽出し、体積の定量化などを行うことが可能です。
将来は臨床現場の意見を取り入れ、アルツハイマーなど脳が萎縮する脳疾患の治療への応用を検討していきます。

  • *1 本機能は「鏡視下シミュレータ」(オプション)内の機能です。
  • *2 腰神経とは脊髄と腰椎椎間孔から伸びる神経の一部を指す、当社の便宜的な呼称であり一般的な名称ではありません。本機能はアプリケーション「3Dビューワ」内の機能です。
  • *3 本来きれいに積み重なっている腰椎が前方または後方に滑り出てしまう(位置がずれる)ことで、腰痛、下肢の痛みなどの症状を引き起こす疾患です。
  • *4 画像から判別可能な、解剖学的に一意に決まっている区域に限定されます。

  1. 製品名
    ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT Ver.6.1
    販売名 : 富士画像診断ワークステーションFN-7941型
    認証番号 : 22000BZX00238000
     
  2. 発売日
    2020年8月18日
  • * ニュース用画像データは、プレス関係者向けにご提供しております。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

富士フイルムメディカル株式会社
営業本部 マーケティング部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。