鉗子口、副送水口、処置具接続の3つのモードの送水に対応
送水装置「JW-3」新発売
ディスポーザブル高周波ナイフの先端から粘膜下層への送液が可能

ニュースリリース

2021年10月21日

このニュースリリースは、報道機関向けに発信している情報です。

富士フイルムメディカル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川原 芳博)は、従来の副送水口経由での送水に加えて、鉗子口経由での送水とESD(*1)で使用するディスポーザブル高周波ナイフ(*2)(以下、Flush Knife(DK2620JI))経由での送水機能を備えた送水装置「JW-3」を2021年11月1日に発売いたします。
なお、2021年11月4日から7日まで神戸コンベンションセンターで開催される「第102回日本消化器内視鏡学会総会」(会長 山本博徳 教授 自治医科大学消化器内科)に本製品を出展します。

送水装置は、内視鏡検査時にスコープに接続して、粘膜に付着した残渣や血液などを送水により洗浄し、病変箇所や出血部の視認性を向上させる装置で、内視鏡観察から、診断、処置にいたるまで幅広い場面で使用されています。

今回発売する「JW-3」は、従来の(*3)副送水口に接続して送水する機能に加えて鉗子口にも直接接続して送水することができます。さらにFlush Knife(DK2620JI)と組み合わせることで、ESDの際Flush Knife(DK2620JI)の先端から、切開して露出した粘膜下層へ送液を行うことができます。ESDでは、粘膜下層に生理食塩液などの液体を注入し、粘膜を膨隆させ、通電した高周波ナイフで切開や剥離を行いますが、送液機能を持っているFlush Knife(DK2620JI)と「JW-3」を組み合わせて使用すると、注射用処置具に交換することなく生理食塩液を注入することができるため、注入の度に処置具を入れ替えることなく、切開した粘膜下層へ送液でき、ESDの時間短縮や術者のストレス低減が期待されます。

また、「JW-3」と「Flush Knife(DK2620JI)」はそれぞれ、安全性への工夫や医師への負担低減に着目した設計が認められ、2021年度「グッドデザイン賞」(財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞しました。

富士フイルムは、今後も独自技術を生かし、医療現場のニーズに応える幅広い製品・サービスの提供を通じて、さらなる医療の質・効率・安全性の向上、人々の健康の維持・増進に貢献していきます。

  • *1 内視鏡的粘膜下層剥離術。Endoscopic Submucosal Dissectionの略。
  • *2 ディスポーザブル高周波ナイフ DK2620JI 承認番号:30200BZX00302000
  • *3 送水装置 JW-2 認証番号:220AABZX00187000

1.品名
販売名:内視鏡用送水送液システム 承認番号:30200BZX00303000

2.発売日
2021年11月1日

3.主な特長
(1)鉗子口、副送水口、処置具接続の3つのモードで送水可能
従来の副送水口に接続して送水する機能に加えて鉗子口にも直接接続して送水することができます。さらにFlush Knife(DK2620JI)と組み合わせることで、ESDの際Flush Knife(DK2620JI)の先端から、切開して露出した粘膜下層へ送液を行うことができます。

(2)用途に合わせた送水量・モーター設定で快適な送水操作を支援
鉗子口接続時、副送水口接続時、Flush Knife(DK2620JI)接続時と、用途に応じた専用チューブを開発しました。どのチューブが接続されているかをJW-3本体が接続部の専用パーツで自動認識し、チューブごとにJW-3本体のモーター駆動電圧を設定する設計も採用し、用途に応じた快適な送水性を実現しました。

(3)感染管理をサポートする豊富な送水チューブラインアップと使い勝手への工夫
送水チューブには、オートクレーブ滅菌可能で繰り返し使用できるリユーザブルタイプと、単回使用のディスポーザブルタイプの2種類があり(*4)、各施設の運用形態に合わせて選択可能です。また、送水量を微調整しやすい流量調節ツマミ、簡便・直感的に取り付けやすい構造の送水/送液チューブ、大容量ながらスリムで持ちやすいデザインの送水タンクなど、使い勝手に配慮した設計を随所に盛り込んでいます。

  • *4 再使用可能な消耗品
     鉗子口用送水チューブJT-3RC 届出番号:14B1X10022A0D010
     鉗子栓接続用送水チューブJT-3RC2 届出番号:14B1X10022A0D012
     副送水口用送水チューブJT-3RW 届出番号:14B1X10022A0D011
    再使用禁止の消耗品(減菌済み)
     鉗子口用ディスポーザブル送水チューブJT-3DC 届出番号:14B1X10022A0D013
     副送水口用ディスポーザブル送水チューブJT-3DW 届出番号:14B1X10022A0D014
     処置具接続用ディスポーザブル送水チューブJT-3DT 届出番号:14B1X10022A0D015
    処置具接続用チューブはディスポーザブルタイプのみの展開。

(4)Flush Knife(DK2620JI)との組合せ使用により、効率的なESDの実現を支援
送液機能を持っているFlush Knife(DK2620JI)とJW-3を組み合わせて使用すると、注射用処置具に交換することなく生理食塩液を注入できるため、注入の度に処置具を入れ替えることなく、切開した粘膜下層へ送液でき、ESDの時間短縮や術者のストレス低減が期待されます。

(5)2021年度「グッドデザイン賞」を受賞
簡便な装着性、誤装着防止の工夫で安全性が高められた点、内視鏡用カートに当社の他の機器と並列設置できる優れたデザイン性などが認められ、2021年度「グッドデザイン賞」を受賞しました。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

富士フイルムメディカル株式会社
営業本部 マーケティング部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。