沿革・歴史

内容
2001年 4月2日 富士写真フイルム(株)足柄工場第六製造部第二加工課を100%出資の新子会社として分離独立して「エフピーエム株式会社」設立。神奈川県南足柄市狩野字八句沢
10月 一般用カラーネガフィルムの生産開始(加工)
2002年 10月 インスタントフィルムの一部工程を移管し生産開始、逐次移管(加工)
2004年 6月 インスタントフィルム加工工程の全面移管
2005年 10月 写ルンです・映画用フィルム・プロ用感材・業務用感材など写真フィルム加工工程の全面移管
所在地変更 神奈川県南足柄市中沼210 (富士フイルム神奈川工場足柄サイト内)
2006年 2月 社名を「富士フイルムフォトマニュファクチャリング株式会社」に変更
4月 富士フイルム(株)神奈川工場の仕込・塗布部門製造工程の移管
2009年 7月 フジドライケム 製造・加工工程の一部を移管し、生産開始
2010年 4月 富士テクニス株式会社と合併、製版フィルム製造部(綾瀬)として生産継続
5月 フジドライケム 製造・加工工程の全面移管
2012年 6月 ハニカムフィルム(3次元微細構造の高分子フィルム)生産開始
12月 エクスクリア 生産開始
2013年 8月 免疫診断薬 生産開始
2014年 4月1日 化粧品の中間原料の生産を先進研究所内にて開始
10月 輸液バック用バリアフィルム 生産開始
2015年 9月 綾瀬事業所(製版)を足柄サイトに移管
10月 硝酸銀・インクなど 富士フイルムファインケミカル(株)からの移管 小田原サイトにて生産開始
2017年 IVD材料生産部門をFFTP社に分割譲渡
富士フイルム神奈川工場イメージング生産部の技術/品質保証部門を統合
2019年 富士フイルム神奈川工場廃水処理部門を統合