日本

研究報告

研究報告書 No.48(2003年)

研究者:酒井栄一、田畑文也、佐野正次郎

研究者:那珂洋二、長倫生、小松崎博、佐藤純

研究者:中村洋一、森本美範、内田光明、園田文博、田中茂、高梨照生、小木曽孝、鈴木 賢治

研究者:原田明憲、二瓶靖和、岡崎洋二、神山宏二

研究者:渡辺幹夫、椿尚宜

研究者:宮本隆司、浅井有人、野中俊一郎、沢野哲也、羽田典久、乾谷正史

研究者:名波昌治、岡田宏一、佐藤友彦、小島徹也、山根勝敏、吉岡康弘、大関智之、山田耕三郎

研究者:山田貞美、鈴木英幹、青沼正志、名波昌治

研究者:岡崎賢太郎、横川拓也、柴山繁、米山博之、野村秀昭、清水治、珠川清巳

研究者:斉藤真二、野口仁、遠藤靖、江尻清美、萬代俊博、杉崎力

研究者:柴田徳夫、高橋伸輔、都丸美喜男、鈴木章弘、佐藤恒彦

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

八面体臭化銀粒子上に形成された硫黄増感中心の観察とキャラクタリゼーション
研究者:御舩博幸、水野雅文、外山喜章、塩沢猛公、奥田潤
掲載誌:The Journal of Imaging Science and Technology,46(3),262-269(2002).

30fps VGA相当動画読み出し対応330万画素CCDイメージセンサとその応用
研究者:三沢岳志、久保直基、乾谷正史、池田勝己(*1)、藤沢薫(*1)、山田哲生(*1)
掲載誌:社団法人映像情報メディア学会技術報告 情報センシング コンシューマエレクトロニクス,26(26),65-70(2002).

脂肪酸銀を用いた熱現像感材の反応機構
研究者:前川敏彦、吉兼光雄、藤村秀俊、戸谷市三
掲載誌:The Journal of Imaging Science and Technology,45(4),365-372(2001).

胸部CR画像を用いた新しい経時サブトラクション技術の臨床有効性について
研究者:大沢哲、田中弘、中川恵一(*1)、大友 邦(*1)
掲載誌:SPIE Proceeding,4686,319-330(2002).

メタル磁性体を用いた磁気記録媒体の保存安定性;潤滑剤とバインダーの加水分解に対する化学解析と反応速度論的考察
研究者:花井和子、角石裕
掲載誌:NASA Goddard Conference on Mass Storage Systems and Technologies,311-315(2002).

ディスコティック液晶の配向制御と固定化
研究者:河田憲
掲載誌:Chem Rec.,2,59-80(2002).

  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者