日本

研究報告

研究報告書 No.49(2004年)

研究者:久保直基、竹村和彦、足立薫、西村亨、玉山宏、岩部和記、山田哲生

研究者:豊田雅義、丸山陽一、大前徳宏、三上勇志、須賀陽一

研究者:倉光昌之、前野裕、松田直人、池田秀夫、御子柴尚、川岸俊雄、桑島茂、小島哲郎、坂東信介

研究者:茂木文雄、田中克彦、高梨照生、山本尚、小長谷達也、吉田和昭、鈴木真、中井泰史

研究者:羽鳥正美、三浦栄朗、鶴間功、園田慎一郎

研究者:福重裕一、松本浩隆、永田幸三、花崎京子、高島正伸、新居欣三、鷲巣信太郎

研究者:高見堂賢哉、鷲尾和人、菅沼陽史、羽田典久、乾谷正史

研究者青島徳生、因埜紀文、青島浩二、喜多信行(*1)

研究者:脇幸吉、古澤元一、小川恵三、服部康志

研究者:平井希久生、牧内肇、寺島薫

  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

イエローアゾメチン色素の構造と電子吸収スペクトルの理論的研究
研究者:    市嶋靖司、福永宏雄、小林英俊、石原信、古賀伸明(*1)
掲載誌:Bulletin of the Chemical Society of Japan 76(4),733-742(2003).

1,4-ジアルコキシ-2,5-ジヨードベンゼンの簡易合成法:アルコール溶媒中におけるジアルコキシベンゼンと一塩化ヨウ素との反応
研究者:    割石幸司、森嶌慎一、稲垣由夫
掲載誌:Organic Process Research & Development 7(1),98-100(2003).

マハラノビス距離を用いた乳化分散物処方の健康診断
研究者:    石井善雄、岡本潤、出口泰章、池田顕
掲載誌:品質工学 10(4),40-45(2002).

ポリ(ウレア-ウレタン)マイクロカプセル構造の特性化
研究者:    松並由木、市川紀美雄
掲載誌:International Journal of Pharmaceutics 242,147-153(2002).

BaFBr:EuにおけるPSL再生の結晶サイズ依存性
研究者:    近藤泰洋(*1)、岩渕康夫
掲載誌:Radiation Effects and Defects in Solids 158,55-59(2003).

青紫色レーザー対応の色素系追記型光ディスク
研究者:    久保裕史、宇佐美由久、御子柴尚
掲載誌:O plus E 25(6),652-657(2003).

デジタルカメラ画質改良への挑戦
研究者:    竹村和彦、小田和也、西村亨、玉山宏、竹内豊(*1)、山田哲生(*1)
掲載誌:Proceedings of SPIE,Electronic Imaging 5017,385-392(2003).

写真感光材料におけるプラスチックリサイクルについて
研究者:    鈴木文行
掲載誌:成形加工 14(11),716-720(2002).

  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者