日本

研究報告

研究報告書 No.58(2013年)

研究報告書(全文)

研究者森本 美範、久保 雅裕、蔵本 昌之、山口 博司、加來 俊彦

研究者:北野 浩一、渡邊 敬太、別当屋敷 豪人

画像診断を支援する類似症例検索システム「SYNAPSE Case Match」の開発

  • 研究者:大沢 哲、久永 隆治、井上 泰助、星野 貴、志村 一男

研究者:村口 太一、立石 朋美、大軽 郁子、黒岩 果林、谷 武晴、吉田 那緒子、磴 秀康、小杉 拓治

研究者:乾 江梨子、村口 太一、北岡 弘行、森 幹永、澤田 敏彦、芝本 匡雄、織笠 敦、永田 幸三

研究者:阪口 博之、原口 暢之(*1)、小田 由里子、植田 文教

研究者:青島 徳生、渡辺 則章、藤井 重克(*1)、有冨 隆志、荒 陽一郎、倉本 守、田口 貴規、安原 祐一

研究者:本多 八郎、相磯 正司(*1)、鈴木 圭一

研究者:野中 俊一郎、寺横 素、沢野 哲也、羽田 典久

研究者:大林 達彦、鈴木 亮、望月 宏顕、相木 康弘

研究者:清都 尚治、白田 真也、谷 武晴、納谷 昌之、鎌田 晃

研究者:梅田 賢一、東 耕平、野本 麻紀、平井 博幸、田中 淳、鈴木 真之

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

銀増幅を用いてH5 インフルエンザウイルスのヘマグルチニンを高感度に検出するイムノクロマトキットの開発
研究者:和田 淳彦、迫田 義博(*1)、小山田 孝嘉、喜田 宏(*1)
掲載誌:Journal of Virological Methods, 178 (1-2), 82-86 (2011), Copyright (2011).

モネンシン銀塩とヨウ化メチルとの反応:強固に水素結合したカルボキシラートの円滑なアルキル化
研究者:稲垣 由夫、宍戸 忠夫(*1)
掲載誌:Supramolecular Chemistry, 23 (1-2), 19-21 (2011).

燐光性有機ナノ粒子の調製とその発光挙動
研究者:宮下 陽介、堀野 伸一、笠井 均(*1)、及川 英俊(*1)、中西 八郎(*1)
掲載誌:Japanese Journal of Applied Physics, 51 (2), 025002-1-025002-5 (2012).

最大局在化ワニア関数を利用した圧電定数の評価法とそのBi系強誘電体への応用
研究者:奥野 幸洋、坂下 幸雄
掲載誌:Japanese Journal of Applied Physics, 50 (10), 101503-1-101503-7 (2011).

BiFeO3-BaTiO3 系非鉛圧電薄膜における添加元素の圧電特性への影響
研究者:佐々木 勉、平林 恭稔、小林 宏之、坂下 幸雄
掲載誌:Japanese Journal of Applied Physics, 50 (9), 09NA08-1-09NA08-5 (2011).

UVナノインプリントレジストの設計
研究者:臼杵 一幸、若松 哲史、大松 禎、服部 昭子、樽谷 晋司、児玉 邦彦、田鍋 秀人、下畠 孝二
掲載誌:Proceeding of SPIE, Journal of Micro/Nanolithography, MEMS, and MOEMS 11 (3), 033008-1-033008-8 (2012).

ポリマーPAG 型EUV レジストの性質
研究者:樽谷 晋司、玉置 広志、椿 英明、高橋 年哉(*1)、滝沢 裕雄、高橋 秀知
掲載誌:Journal of Photopolymer Science and Technology, 24 (2), 185-191 (2011).

ネガ現像プロセスの量産適性
研究者:樽谷 晋司、上村 聡、藤井 佳奈、加藤 啓太、榎本 雄一郎
掲載誌:Journal of Photopolymer Science and Technology, 24 (2), 227-232 (2011).

バリウムフェライト磁気テープの長期保存適性
研究者:清水 治、村田 悠人、栗橋 悠一、原沢 建、浅井 雅彦、居樹 実、野口 仁
掲載誌:Journal of the Magnetics Society of Japan, 36 (1), 1-4 (2012).

「X-Trans CMOS」の開発
研究者:田中 誠二、河村 典子、田丸 雅也
掲載誌:映像情報メディア学会技術報告 情報センシング コンシューマエレクトロニクス, 36 (18), 1-4 (2012).

光音響時間波形および画像分解能の固体励起レーザパルス幅依存性
研究者:入澤 覚、平沢 壮(*1)、広田 和弘、辻田 和宏、石原 美弥(*1)
掲載誌:Proceeding of SPIE, Photons Plus Ultrasound: Imaging and Sensing 2012, 8223, 82232W-1-82232W-8 (2012).

デュアル エネルギー サブトラクション ラジオグラフィーのための多重解像度に基づく画像位置合わせ
研究者:川村 隆浩、大前 徳宏、山田 雅彦、伊藤 渡、川本 清澄、土`井 司(*1)
掲載誌:Proceeding of SPIE, Progress in Biomedical Optics and Imaging, 13 (30), 83141S-1-83141S-8 (2012).

学習型検出と形状マッチングによる自動冠動脈抽出
研究者:北村 嘉郎、李 元中、伊藤 渡
掲載誌:Proceedings of 9th IEEE International Symposium on Biomedical Imaging, 234-237 (2012).

  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者