日本

研究報告

研究報告書 No.62(2017年)

取締役副社長・CTO 戸田 雄三

研究者:西田 弘幸、小澤 聡、下村 浩司、阿部 慎也、吉田 浩二、大橋 永治、三島 崇弘

研究者:大橋 洋介、高田 明子、澤田 浩史(*1)、青沼 正志

研究者:高松 正樹、田中 康武、小林 尚志、石川 弘美、山口 晃

研究者:高橋 知幸、大原 佳也、山田 雅彦

研究者:工藤 康太郎(*1)、渡辺 則章(*1)、園川 浩二(*1)、光本 知由(*1)、津村 享佑、芝本 匡雄、村上 平

研究者:児玉 邦彦、横川 夏海、滋野井 悠太、藤原 淑記、藤田 光宏

研究者:一木 晃、白崎 裕一、伊藤 忠、曽呂利 忠弘、気賀沢 忠宏

研究者:藤田 広大、伊藤 研治、米山 一也、馬場 智之、川名 正直、原田 恵介、大島 宗之

研究者:佐藤 雅男、小田 由里子、大坪 愛(*1)、楊 博、浅野 宏之、堀内 悟、植田 文教

研究者:本間 俊之、五十嵐 祐子、金澤 克彦、織笠 敦、大村 現、田代 朋子

著作権の関係上、転載論文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照してください。

末梢血管イメージングのための医用超音波システムをベースとした光音響イメージングシステム
研究者:入澤 覚、広田 和弘、橋本 温之、村越 大、石井 裕康、多田 拓司、和田 隆亜、早川 利郎、東 隆一(*1)、大谷 直樹(*1)、伊藤 健司(*1)、石原 美弥(*1)
掲載誌:Proceeding of SPIE. 2016, 9708, Photons Plus Ultrasound: Imaging and Sensing 2016, 970807.

1 ショット長尺撮影向けDR『FUJIFILM DR CALNEO GL™』のVirtual GridTM を利用した一般撮影対応
研究者:榎本 淳、辻 哲矢、川村 隆浩
掲載誌:JIRAテクニカルレポート. 2016, 26(2), p.12-13.

高次形状を用いた大腰筋抽出
研究者:井上 努、北村 嘉郎、李 元中、伊藤 渡、石川 博(*1)
掲載誌:International MICCAI Workshop on Medical Computer Vision, MCV 2015: Medical Computer Vision: Algorithms for Big Data. 2015, LNCS9601, p.116-124.

動脈・静脈セグメンテーションのためのエネルギー最小化法における高階クリーク選択
研究者:北村 嘉郎、李 元中、伊藤 渡、石川 博(*1)
掲載誌:International Journal of Computer Vision. 2016, 117(2), p.142-158.

少数の分光画像によるヘモグロビン酸素飽和度の光学的イメージングと内視鏡への応用
研究者:齋藤 孝明、山口 博司
掲載誌:Journal of Biomedical Optics. 2015, 20(12), 126011.

2in1 カメラ
研究者:小野 修司
掲載誌:光技術コンタクト. 2016, 54(9), p.18-23.

高記録密度磁気テープシステムに適したタイミング・リカバリ方式の検討
研究者:武者 敦史、清水 治、仲村 泰明(*1)、岡本 好弘(*1)
掲載誌:IEEE Transactions on Magnetics. 2015, 51(11), Art. ID 3102004.

レーザー彫刻型フレキソ製版システムに関する印刷品質の制御
研究者:倉本 守(*1)、白川 征人(*1)、難波 優介(*1)、森川 晴一郎(*1)、佐藤 弘司(*1)、山下 博史、坂本 裕貴、林 直毅
掲載誌:日本印刷学会誌. 2016, 53(4), p.287-296.

ランダム分散メタサーフェス
研究者:納谷 昌之
掲載誌:応用物理. 2016, 85(4), p.286-289.

193nm液浸リソグラフィー拡張に向けたネガティブトーン現像プロセスの応用
研究者:白川 三千紘、井上 尚紀、古谷 創、山本 慶、後藤 研由、藤田 光宏
掲載誌:Proceeding of SPIE. 2015, 9425, Advances in Patterning Materials and Processes XXXII, 942509.

13nmハーフピッチに向けたEUV露光用ネガティブトーンイメージング
研究者:椿 英明、二橋 亘、土橋 徹、山本 慶、後藤 孝浩
掲載誌:SPIE Proceedings. 2016, 9776, Extreme Ultraviolet (EUV) Lithography VII, 977608.

反射防止と高耐擦傷性を持つ新規なモスアイライク表面フィルム
研究者:伊吹 俊太郎、松本 彩子、朝日 美帆、脇阪 大樹、柴田 直也、須賀 陽一、伊藤 洋士
掲載誌:SID Symposium Digest of Technical Papers. 2016, 47(1), p.761–764.

コレステリック液晶ドットを用いた新規な透明スクリーン
研究者:山本 昌、矢内 雄二郎、永井 道夫、鈴木 亮、伊藤 洋士
掲載誌:SID Symposium Digest of Technical Papers. 2016, 47(1), p.185-188.

固体電解質中間層形成における電解液分解生成物の沖合形成機構
研究者:後瀉 敬介、袖山 慶太郎(*1)、Zdenek Futera(*1)、館山 佳尚(*1)、奥野 幸洋
掲載誌:Journal of The Electrochemical Society. 2015, 162(14), p.A2670-A2678.

ArFレジストのLWRに対するPAGとクエンチャーの統計的な濃度揺らぎの効果
研究者:藤田 光宏、白川 三千紘、山口 修平
掲載誌:Proceeding of SPIE. 2015, 9425, Advances in Patterning Materials and Processes XXXII, 94250F.

RCP花弁状μピースを用いた新規細胞移植プラットフォームCellSaic”セルザイク”、および膵島移植への応用
研究者:中村 健太郎、岩澤 玲子、吉岡 康弘
掲載誌:Transplant International. 2016, 29(9), p.1039–1050.

サラシア属植物エキス摂取による腸内細菌叢変化を介したヒトの免疫機能の改善
研究者:小田 由里子、植田 文教、宇津山 正典(*1)、亀井 飛鳥(*1)、柿沼 千早、阿部 啓子(*1)、廣川 勝昱(*1)
掲載誌:PLOS ONE. 2015, 10(12), e0142909.

Azacitidine耐性を獲得したSKM-1およびMOLM-13白血病細胞株におけるMPDH阻害剤FF-10501の有効性維持
研究者:村瀬 元彦、岩村 浩幸、小松 兼介、齊藤 基輝、前川 敏彦、中村 孝昭(*1)、横川 拓哉、嶋田 泰宏
掲載誌:Pharmacology Research & Perspectives. 2016, 4(1), p.1-13.

  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者
  • ※非売品・無断転載を禁じます。
  • ※著者の所属は論文受理日、または論文掲載時のものです。
  • ※本報告書に記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。なお、本文および図表中では、「」、「®」は明記しておりません。