日本

法人向け 電子化サービス

ディターニティ コンバージョン

NEW

全ての情報を、最新のデジタル環境へコンバート。

法人向け
資料整理サービス

必要なものは電子化して
業務を効率化したい…
でも、整理する時間がなくて社内に
書類・写真・テープなどの 資料が溜まっている…

  • 長期保管されている資料整理に困っている…
  • 社内や外部倉庫に保管されている段ボールが山積みに…
  • 自分にも社員にも整理する時間がない…
  • 保管データが劣化してしまいそう…
  • 電子化したいが、詳細が分からず予算が確保できない…

「資料整理サービス」は、貴社に代わって資料を整理してリストを作成するサービスです。 同時に電子化した際のお見積書も作成しますので、必要な資料だけを抽出してコストを 削減したり、ご予算に合わせて、優先順位の高いものから処理をすることができます。

当社にご依頼いただければ、段ボール単位での中身に対する、
保管物リストの作成や電子化時のお見積書も併せて作成いたしますので、
内容や費用を確認した後、処理方法を決定できます。

  • * 文書保存箱(3辺120サイズ)程度を基準としております。
  • * 上記以外のサイズに関しては別途お問い合わせください。
1箱¥5,000

ご利用の流れ

問合せフォームでご連絡

整理する段ボールの箱数等の詳細を当Webサイトの問合せフォームよりご連絡ください。
送付先と送付期限・納期をご返信いたします。
※危険物や薬品等は受託できません。

確認

到着後、段ボールの中身の内容を確認いたします。

内容物リスト・お見積提出

段ボール内容物の種類別概算数量などを整理してリストを作成します。
リストに基づいた電子化費用のお見積書を作成します。

資料の整理が終わったあとは

電子化を希望される場合

①電子化する対象品と電子化したデータの保存方法をご指定いただきます。

②作業終了後にデータをお送りしますので内容をご確認ください。

  • * 保存する媒体費用が実費でかかります。(貴社より貸与される場合は無償)

返却対象品をご連絡ください。
返却日をご連絡します。

  • * 返却を希望される場合は、返送費用がお客さま負担(着払い)になります。

電子化する対象品について

書類・図面・フィルム・プリント・VHS・光ディスク・
フロッピーディスク等、多様な媒体が対象です。

  • 作業は厳重なセキュリティーゾーンで行います。
  • 著作権のあるものは、製造元または発注元の許可が必要です。
  • 作業に関する秘匿義務は厳守し、誓約書を事前に提出いたします。
  • 可燃フィルム・薬品などの危険物を絶対に送らないで下さい。

当社の特長

  • 写真フィルムはケラレのない画像を指定することができます。
    ※写真店のスキャナーでは縦横比は指定されているため、画像の一部がケラレてしまいます。
  • 電子化後の画素数や縦横比の指定が可能です。
  • データをタイトル別にフォルダーに入れて保存できます。
  • 作業終了後、無償でバックアップデータを3ヶ月間保存します。
  • その他お客様のご要望・ご相談に応じます。

当社にご依頼いただければ、段ボール単位での中身に対する、
保管物リストの作成や電子化時のお見積書も併せて作成
いたしますので、
内容や費用を確認した後、処理方法を決定できます。

1箱¥5,000