日本

FUJIFILM オブジェクト アーカイブ

NEW

S3 互換APIを実装し、急増する「オブジェクトストレージ」のデータを「テープストレージ」に連携。低コストで信頼性・容量拡張性に優れたストレージ基盤を実現するソフトウエアです。

仕様

  シングルノード バージョン HA クラスタ バージョン
ネットワークシステム CPU 最小16コア以上 推奨24コア以上
メモリ 最小64GB以上 推奨128GB以上
OS entOS 7(7.9以降), Red Hat Enterprise Linux 7(7.9以降)
対応Webブラウザ(for GUI) Google Chrome, Microsoft Edge, Safari
接続 Ethernet(IPv4)
プロトコル HTTP/HTTPs
対応API S3 互換 REST API(データ読み出しにはS3 Glacier用API使用)
最大オブジェクトサイズ 5TiB
最大作成可能バケット数 10,000
最大保存可能オブジェクト数 20億 1280億
テープストレージシステム 対応テープシステム LTO Ultrium-7, 8, IBM TS1160
対応テープメディア LTO7, LTO8(LTO7 M8, WORMは非対応)
3592 JE, JM, JD, JL(WORMは非対応)
テープ記録フォーマット OTFormat
同時複製可能テープ数 最大3
最大作成可能リージョン数 バケットと同等
対応論理サーバー数 1 最小2, 最大64
対応可能テープライブラリ数 1 論理サーバーと同等
対応可能テープドライブ数 最大4 最大256

対応テープライブラリ

ブランド モデル
IBM TS4300
TS3500
TS4500
Spectra Logic T200
T380
T680
T950
T-Finity
Fujitsu ETERNUS LT140
ETERNUS LT260
Qualstar Q80
Quantum Scalar i6000

※対応テープライブラリは随時追加予定

OTFormat

OTFormat 仕様書

OTFormatは、LTOテープカートリッジ内のオブジェクトデータとメタデータを管理するために最適化されたテープフォーマットです。

OTFormatの仕様詳細は以下よりダウンロード可能です。

OTFormat リーダー

OTFormatリーダーは、バイナリまたはオープンソースとしてオープンかつ自由に提供されるソフトウエアであり、OTFormatでフォーマットされたLTOテープカートリッジからオブジェクトデータおよびメタデータへのアクセスを可能とします。OTFormatリーダーのバイナリーは以下よりダウンロード可能です。