日本
データ管理効率化

世界のプラットフォーマーがデータのバックアップ、アーカイブで頼りにする「テープストレージ」とは

データ活用を起点とした新技術や製品・サービスの開発、生産管理、サービス提供などが広がる中、企業などにおける大量のデータは、競争力向上に欠かせない資産であると同時に、その保管コストは今後ますます大きくなります。実は近年、データの扱いに長じるMicrosoftやGoogle、Baiduなどの世界のデジタルプラットフォーマーが、コスト抑制・安全性向上の両立を目的に「テープストレージ」を採用しています。その理由と活用方法をみていきましょう。

Microsoft Azureはトータルコストメリット、将来性、安全性からデータアーカイブに採用

米Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」では、世界各地にデータセンターを持ち、ゼタバイト(ペタバイトの百万倍)スケールものデータを保有するなど、桁違いのストレージインフラを構築しています。年々増大しつづけるストレージへの需要に応えつつ、自社開発のストレージやソフトウエアによってコストの削減も進めてきました。同社がこうした膨大なデータのアーカイブ(長期保管)でコストを圧縮するべく活用しているのが、テープストレージです。

同社では、データ活用のためのデータレイクや機械学習などの用途に向けたデータアーカイブ用ストレージサービス「Azure Blob Storage」で、データ保管にテープストレージを使用しています。

Microsoft Azureがテープストレージを選ぶ理由として、米国にある富士フイルムのグループ会社であるFUJIFILM Recording Media U.S.A, Incが2017に開催したイベント「Global IT Executive Summit」に登壇したMicrosoft Azure Storageの開発マネージャー(当時)Marvin McNett氏は、主に次の6点を挙げています。

Microsoft Azureがテープストレージを選ぶ理由

Marvin McNett

①容量単価の安さ、消費電力の低さなどのトータルコストメリット
将来性の高さ (HDDと比べより大容量化に向けた技術ロードマップが実証されている)
拡張性の高さ (拡張しても消費電力の影響がない、小さく保管できる)
④HDDと比べたエラー率の低さ
⑤オフライン保管による安全性 (サイバー攻撃、特にファームウエア攻撃を受けるリスクの低さ)
長期耐久性 (※動画当時は30年以上ですが、現在のLTOテープ*では、50年以上磁気特性に劣化が生じないことを実証)

  • * LTOはHewlett-Packard社、IBM社、Quantum社が共同策定した磁気テープ記憶装置のフォーマット。Linear Tape-Open、LTO、LTOロゴ、UltriumおよびUltriumのロゴは、Hewlett-Packard社、IBM社およびQuantum社の米国およびその他の国における登録商標です。

Googleの重要データがあわや消失…という事態を救ったテープでのバックアップ

米Googleでは、テープストレージを極めて信頼性の高いバックアップメディアとして認めており、活用し続けていることを広く告知しています。2012年に自社の……

Baidu Cloudなどアジアでも広がるアーカイブ用途のテープストレージ導入

欧米で先行したテープストレージ活用の動きは、近年アジアにも波及。中国のBaidu Cloudもテープストレージをデータのアーカイブに活用しています。同社では……

世界的な企業から注目されているテープストレージソリューション