日本
データ管理効率化

【資料】階層型ストレージ
最適なストレージインフラの構築

世界のデータ量は年間25%を超える勢いで急増し、多くの組織の情報システム担当者は、データの増加に応じ増設されるストレージの管理に苦労しているのではないでしょうか。しかも高価なディスクストレージ内の半分以上は、ほとんどアクセスされないデータが占め、費用対効果でマイナスになっています。今こそストレージリソースの使用を最適化し、コストを削減し、ストレージの性能を最大限に有効活用するために、自動化された「階層化ストレージ」の構築がいっそう重要になってきているのです。

本資料では、4つの層(ティア)で定義される最新の理想的な階層型ストレージモデルを、価格、性能、容量、機能という4つの主要属性を中心に詳しくご紹介します。

目次

  1. 技術革新により最新のテープストレージ時代へ
  2. ティア0 超ハイパフォーマンスストレージ
  3. ティア1 ハイパフォーマンスストレージ.
  4. ティア2 アクティブアーカイブストレージ
  5. ティア3 アーカイブ、長期保存
  6. データ分類 ─ データアクセスと入出力パターンの把握
  7. ティアごとのデータ分類の詳細
  8. 人工知能(AI )とメタデータによるデータ分類の改善
  9. 階層型ストレージの実装での取得コストおよびTCOの比較
  10. 企業で急増するデータ