日本
テープ導入メリット

省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)「資源エネルギー庁長官賞」を受賞 大容量磁気テープを使った省エネルギー型「テープアーカイブアプライアンス」

富士フイルムの「テープアーカイブアプライアンス」(TAA)は、一般財団法人 省エネルギーセンターが主催する、平成28年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」で「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。

「テープアーカイブアプライアンス」(TAA)とは

近年、企業などが扱うデータの量は急増しており、そのデータの保管に要するエネルギーをいかに削減するかが課題となっています。「テープアーカイブアプライアンス」(TAA)は、保存されているデータの大部分を占める「使用頻度の低いデータ(アーカイブデータ)」を、省エネルギー性に優れる磁気テープに保存することで、ハードディスク(HDD)に比べ「大容量・安価」を実現した、普及型のストレージ装置です。

「テープアーカイブアプライアンス」(TAA)の商品コンセプト

富士フイルム独自のBaFe磁性体を採用した大容量磁気テープ「LTO7」(非圧縮で6TB)を使用することで、省エネルギー・低コストを実現。また、大規模ユーザーで用いられているHDD・磁気テープ併用のストレージ構成を、アプライアンス化することで多くのユーザーに簡単にご利用いただけます。

  • HDDと磁気テープ装置をデータ管理ソフトウェアで結合し、ユーザーがHDDと同様に操作できるようにアプライアンス化。
  • 磁気テープ装置には40本のLTO7(非圧縮で240TB)を保管し、自動的にハンドリングできる装置を使用。
  • アーカイブデータ専用装置としてソフトウェア機能を最小限にまとめ、低価格を実現。
  • アーカイブデータは一度HDDに保存され、その後自動的にHDDから磁気テープに移動。

データストレージに消費されているエネルギー

「テープアーカイブアプライアンス」(TAA)の省エネルギー性

豊富な活用実績

磁気テープによるアーカイブはすでに、国内外問わず幅広い業界で利用されています。

  • * LTOはHPE社、IBM社、Quantum社が共同策定した磁気テープ記憶装置のフォーマット。Linear Tape-Open、LTO、LTOロゴ、UltriumおよびUltriumロゴは、HPE社、IBM社およびQuantum社の米国およびその他の国における登録商標です。