日本
テープ導入のメリット

【資料】テープストレージ
変革をもたらす新たなソリューション

皆さんの組織では、アクセス性がよく運用コストが高めのHDDに、使用頻度の低いデータを長年大量に蓄積していませんか?
米国のストレージ専門調査会社Horison Infomation Stragegiesは、今後データ活用の拡大で増えるこうしたアーカイブデータ向けの最先端ストレージとして、「テープストレージ」を推奨しています。
同社による8ぺージにわたる最新の技術解説で、今世界のデータセンターがテープを採用する理由になっている圧倒的なTCOの低さや「エアギャップ」による安全性、転送速度や信頼性の著しい進化について、他ストレージとも数値で比較しながら理解いただける資料を提供いたします。今後の大容量データ基盤構築のご参考にお役立てください。

目次

  1. 技術革新により最新のテープストレージ時代へ
  2. ストレージ容量の増加の鍵となる面密度
  3. テープ記録の将来予測
  4. ストレージの信頼性評価でも最先端のテープ
  5. テープロードマップの進展―第12世代までの明確なLTOロードマップ
  6. LTFSによるファイル、オブジェクト、アーカイブのデータアクセスの高速化
  7. テープエアギャップによるセキュリティの実現とサイバー攻撃の防止
  8. テープのデータ速度の高速化
  9. RAITによる、転送速度の大幅な高速化とテープアクセス時間の短縮
  10. データセンターの熱問題―テープによる消費電力の削減
  11. ハイパースケールクラウドの増加により、テープの役割が拡大
  12. TCOでは、テープはディスクよりも優位