日本
テープ導入メリット

【資料】現代のデータドリブンのビジネスに
価値をもたらすテープテクノロジー

データ活用を起点とした生産やビジネスの最適化、新技術開発などを目的に、あらゆる組織のデータ保有量が急増しています。今後、ハイブリッドクラウド環境によるゼタバイト規模のストレージが必要となっていく中、大容量データの保護・保管の最適解とは?

米国の独立系IT調査会社ESGは、総保有コスト、エネルギー消費、サイバーセキュリティリスクへの対応、拡張性、信頼性から検討し、中でも進化を続けるテープテクノロジーが極めて重要な役割を果たすと分析しています。データセンターをはじめとする組織のデータ管理を低コストかつ長期間、強力なセキュリティ環境で実現する方法を、最新のテープテクノロジーの概要や、今後のデータ管理のユースケースとともに、同社シニアアナリストが詳しく紹介します。

目次

  • はじめに 
  • 新技術の概要 
  • ハイパースケーラーが現代のデータセンターアーキテクチャに与える影響 
  • インフラの強化 
  • ユースケース 
  • より大きな真実